英語で「能力」を表す単語とそのまま使えるフレーズ集


「あの部長はスキルが高い」「あの新入社員はポテンシャルが高い」などと、聞いたことはありませんか?

いずれも能力の高さを表すカタカナ英語としてよく使われるものですよね。英語には「能力」という単語が複数あり、場面によって使い分けていますが、私たち日本人が普段使っているカタカナ英語は、必ずしも正しい使い方とは言えないようです。

そこで今回は、英語で「能力」を表す単語とそれに関連して使えるフレーズについてご紹介したいと思います。

 

①「能力」を表す主な英単語とニュアンス

まずはそれぞれの単語のニュアンスを掴みましょう。

単語 意味 ニュアンス・例文
ability 能力、技量 幅広く能力一般を指す例)She has the ability to speak English fluently.
(彼女は英語をすらすらと話すことができる。)
faculty 才能、機能 普通の人にはできないような特技の技能例)He has a faculty for mental arithmetic.(彼には暗算の才がある。)
competence 能力、適性 求められていることを成し遂げる能力例)I doubt his competence to do the work.(彼にその仕事をする能力があるかどうか疑問だ。)
capacity 才能、収容能力 一定時間内に成し遂げられる仕事の量・能力の範囲例)He has the capacity to absorb large amounts of detail.
(彼には詳細の多くを理解する能力がある。)
power 能力、権力 仕事や活動をするための力例)The prime minister has the power to appoint and dismiss cabinet ministers.(総理大臣には閣僚の任免権がある。)
efficiency 能率、有能さ 能率・効率例)I was impressed by the efficiency with which she handled the crisis.(わたしは彼女の危機対応能力に感銘を受けた。)
qualification 資格、能力 仕事や職務に対する資格や資質例)He has outstanding qualifications to be president.(彼には社長になる抜群の資格[能力]がある。)
talent 才能、手腕 芸能・芸術分野の才能例)I don’t have much talent for music.
(私は音楽の才能はあまりない。)
skill 能力、技量 学習や訓練で身につけた技能例)Mastering a foreign language means mastering the four skills of hearing, speaking, reading and writing.(外国語をマスターするということはその外国語を聞き, 話し, 読み, 書くという四つの技能をマスターすることだ。)
gift 才能、天賦の才 生まれ持った能力例)He has a gift for words.
(彼は口説きの才能がある。)

※単語の意味と例文の一部はWeblio英和辞典より

 

②「能力」に関連するフレーズ集

「能力」に関連して、よく出てくるフレーズをご紹介してまいります。

・be able to~/be capable of~(~する能力がある)

「~することができる」という風に訳すこともありますが、こちらの2つも能力を表す表現となっています。

“ba able to”の後ろには動詞の原形、”be capable of”の後ろには”-ing”形が入りますので注意してくださいね。

例)She is able to speak English.(彼女は英語を話す能力がある。)

例)She is capable of driving a motorbike.(彼女はバイクを運転する能力がある。)

2つの使い分けは、「能力があって、実際にいつも行っている」場合に”be able to”を、「能力はあるが、実際にやってみたことはないor日常的に行っている事ではない」場合に”be capable of”を使うと覚えておきましょう。

Author Profile

Midori
Midori
九州大学経済学部卒業後、金融機関の営業職に従事。結婚を機に退職し、現在はフリーライターとして活動中。イギリスへの短期留学やNY一人旅の経験をもとに、英語学習や旅行関連の記事を執筆している。
Twitter