英語で「別れの言葉」シチュエーションごと30選


「good bye」以外の別れの言葉、ご存知ですか?

海外に住んでいたり、英語圏の方と働いていると、毎日使う言葉ですが、意外と、「good bye」以外の挨拶をあまり知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、英語の別れの言葉をシチュエーションごとにご紹介します。

日常で使える別れの言葉から、ビジネスで使える別れの言葉、別れの際に言いたいかっこいい名言まで。使い分けて、表現力アップさせましょう!

 

日常で使う別れの言葉

See you(またね)

See you soon(またすぐ会おうね)

soonの部分にtomorrowなどを入れると、次に会う日を特定して表現できます。

See you around(じゃあね)

around(このあたりで、大体)を入れることによって、「じゃあね」というニュアンスになります。

See you later(またあとで)

See you を省略して、「Later」とだけ使うこともできます。

Bye(じゃあね)

親しい間柄で気軽に使えます。

Good bye(さようなら)

丁寧な言い方ですが、素っ気ない挨拶と捉えられます。二度と会わないニュアンスも感じられます。

Bye for now(またね)

毎日会う友達などの関係に使える、カジュアルな表現です。

I must be going(もうそろそろ行かなくちゃ)

I gotta take off(急がなきゃ)

急いで行かなくちゃ、というニュアンスのフレーズです。take offは飛行機の「離陸」という意味なので、急ぐ時に使います。そのほかにも、take offを「jet」や「run」に変えて、急いでいることを表現できます。

It’s been fun(楽しかった)

I’m off(じゃあ、またね)

カジュアルな言い方です。友人同士で、仕事、学校が終わった喜びを伝えるニュアンスです。

I’m out(じゃあ、またね)

I’m offのよりくだけた言い方です。

Have a good day(良い1日を)

dayをweekendに変えると、「良い週末を!」になります。

Hope to see you again(また会えるのを楽しみにしてるよ)

It’s been real(会えてよかった)

会えてよかった、いい経験だった、など、「楽しかったよ」という場合に使えます。

Take it easy(じゃあね)

直訳すると、「無理しないでね」や、「気軽にね」となりますが、気軽に「じゃあね」と言いたい場合に使えます。

I’ll text you later(メッセージするね)

携帯にメッセージを送る場合は、textと言います。

Catch you later(またあとで)

See you laterと同じく、「Later」とだけ略されて書かれたりします。「See you later」と比べて、若い人に使われる傾向があります。

 

しばらく会わない人との別れの言葉

keep in touch(連絡しようね)

同じ意味で、「Stay in touch」があります。

Thank you for everything(ありがとうございました)

「お世話になりました」に近いニュアンスです。感謝の気持ちを伝える定番フレーズです。

Best of luck for your future(幸運を祈る)

I’ll definitely miss you(とっても寂しくなるね)

definitelyは、肯定的な「絶対に」という意味なので、「絶対寂しくなるね」や、「めっちゃ寂しくなるね」というニュアンスのフレーズになります。

I will never forget you(君のこと絶対忘れないよ)

Good luck(頑張ってね)

さらに強い意味で、Best of luckがあります。

Please feel free to call me(気軽に電話してね)

 

続きを読む / ビジネスシーンで使える別れの言葉