遭遇率100%のオスロブでジンベエザメに会えなかった話


慣れ親しんだ自分の世間から、広大な世界への足を踏み出すと様々なことが起こります。良いことなら奇跡と呼ばれ、悪いことならトラブルと叫ばれますが、いずれにしても旅人にとってはご褒美です。

旅に求めるものは非日常ですので、できないことができても、できることができなくても、どちらも楽しめるのが旅人という人たちです。そう「ジンベエザメとの遭遇率100%のオスロブに行っても、ジンベエザメに会えなかった」ことも含めて。

 

何が起こったのかご説明しましょう。

 

オスロブってどこ?何ができるの?

th_shutterstock_210836743

photo by shutterstock

th_shutterstock_138880808

photo by shutterstock

オスロブはセブシティから南東にバスで3~4時間ほどの位置にあります。セブシティと同じセブ島にありながら、スカイブルーの海と手付かずの自然が残るエリアです。

海に出れば、ジンベエザメと一緒に泳げるという珍しい場所なので、セブ島へ観光に来た際にはぜひお越しください。僕もジンベエザメと一緒にシュノーケリングすることがオスロブ訪問の目的でした。

 

どうやって行くの?料金は?

送迎ツアーもありますが、自力でバスを使って行くと非常にお得に行くことができます。バスだと交通費が約500ペソ(1100円)、ジンベエザメとのシュノーケリング費用が約1000ペソ(2200円)、合計3000円程度です。

ツアーの場合は現地ツアーなのか、日本語ツアーなのかなど各種条件にもよりますが、15000円〜30000円ぐらいです。もちろん、旅人ならバス移動です。

 

オスロブへの自力での行き方は、シキホール島への旅でもお世話になったセブシティのノースバスターミナルから長距離バスに乗れば3~4時間で到着できます。

ただし、ジンベエザメが陸の近くまで来てくれるのは午前中までなので、10時までにはオスロブでツアーを申し込みできるようにしましょう。

 

遭遇率100%なのに会えなかったのって、もしかして…

僕はジンベエザメツアーに間に合いませんでした。