HIPHOP好きならよく聞く?「Dope」の意味と使い方!


こんにちは、新入社員のKuniyoshiです。

みなさん、「Dope」という言葉、ご存知ですか?

私は音楽が好きで、洋楽、邦楽どちらのHIPHOPも聞くのですが、どちらにも「Dope」という単語をよく耳にしますし、形容詞として使われています。

さて、人からdopeと言われたら喜んでいいのでしょうか。

今回は、ポジティブな意味とネガティブな意味どちらも持っている「Dope」という言葉の意味と使い方について、ご紹介します。

 

「Dope」の語源

Dopeの由来は、スポーツでよく耳にする「doping/ドーピング」という言葉で、主にヘロインや、マリファナなどの麻薬を指す言葉でした。

(フリー素材のサイトで「dope」と検索すると、めっちゃマリファナの画像が出てきました。さすがに貼れないです。)

その言葉が変化して、「Dope」というスラングとして使われるようになりました。主に、人に対して使う、「a dope」と、物に対して使う「dope」があります。

 

ネガティブな意味の「Dope」

主に、人に対して使う「a dope」は、「間抜け、バカ」というネガティブな意味で使われます。

ディズニーの名作、「白雪姫」の7人の小人の中に「dopey」という小人がいます。和訳では「おとぼけ」です。

ディズニーのアニメに出てくるくらいですから、「お馬鹿さん」というニュアンスでしょう。

このスラングは、1850年代から使われてきました。

人に対して、「He is a dope/あいつはバカだ」と使うこともできますが、今ではあまり一般的な表現ではありません。

 

ポジティブな意味の「Dope」

ここ最近の「dope」は、ほぼポジティブな意味として使われます。

Instagramやtwitterで検索すると沢山の投稿がでてきます。

主に、物や、音楽に対して使われる言葉で、「最高、かっこいい、病みつき」という意味で使われていて、「cool」や「awesome」に近い表現です。

日本語でいうと、「やばい」に近い表現でしょうか。

HIPHOP系の音楽に対して、「最高、かっこいい」と言う場合に使われていましたが、今では一般化し、様々なスタイルの音楽に対して「Dope」を使うことができます。

また、ここ最近、日本語でも「ドープ」という形容詞が使われてきているので、日本語でも同じ意味で使えます。

もう使っている、という方も多いのではないでしょうか。

個人的に好きな日本人のHIPHOPアーティスト、「鎮座dopeness」も「病みつき、最高」という意味の「dope」です。

Instagramで投稿した写真に、「dope pic」とコメントされていたら、褒め言葉です。

 

まとめ

いかがでしたか

同じ言葉ですが、2つの意味を持つ言葉、英語のスラングでは多いです。

「え、これって褒められてるのかな、バカにされてるのかな」と混乱してしまわないように、是非覚えてみて下さい。

 

記事下バナー英語用 のコピー

Author Profile

シードくん
シードくん
ネクシードの広報担当。フィリピン・セブ島の魅力や、フィリピン留学の良さ、ネクシードでの留学生活の様子を伝えるのがお仕事。