セブ島エンジニア留学後に世界一周中!地球の裏側から伝える世界一周のススメ前編


こんにちは、シードです。
今回は、フィリピン・セブ島でのエンジニア留学卒業後、世界一周に出た小野さん。

昔から夢描いていた世界一周。
夢を叶えようと、世界一周前にセブ島エンジニア留学を選んだ理由とは?
地球の裏側から記事を書いて頂きました。

世界一周したい方、旅好きの方、留学したい方、必見です!

自己紹介

はじめまして、夢見ていた【世界一周】中の小野貴大です。

僕が、世界一周について記事を書くようになったのは、フィリピンのセブ島にある【NexSeed】という語学&プログラミングを学べる斬新なスタイルの学校に留学したことがきっかけです。

世界一周は、2016年9月23日出発で、9月25日に1カ国目のフィリピン、セブ島に着いて、9月26日からNexSeedの留学生活が始まりました。NexSeed卒業後は、帰国せずに、台湾、アメリカ、グアテマラ、メキシコ、ペルーを旅して、今は7カ国目のボリビアにいます。

スクリーンショット 2017-02-27 17.45.37

初めて、この記事についての連絡をいただいたのは、南米・ペルーの【ワカチナ】という
【オアシス】で有名な街にいる時でした。

スクリーンショット 2017-02-27 17.47.08

そして、【クスコ】という【マチュピチュ】に行く方なら、誰しもが寄るであろうという街にいる時に、企画書をいただきました。そこから、マチュピチュ村に向かう、通称【スタンド・バイ・ミー・コース】という線路の上を歩きながら、構想を練ったり、長時間のバス移動の最中に書き込んだりして、作成しました。

スクリーンショット 2017-02-27 17.46.32

長旅の末、ついに完成したのは、【ウユニ塩湖】で有名なウユニの街!約1,700kmも移動しながら作成した力作です!笑

DSC02147

世界一周を始めたきっかけ

いきなり質問ですが、旅行が好き!って方、どうして旅行が好きかって自分で考えたことってありますか?
この記事を読んでる方は、きっと旅行好きな方ばかりだと思うのですが、明確な答えって持っていますか?

実のところ、僕の答えはNoです!

「どうして世界一周しようと思ったの?」って、出発前からも、旅中で会った人からも聞かれるのですが、明確な答えが出来ていません(汗)

ただ、子どものときに、テレビで見たり、たまたま綺麗な写真を見たり、人から聞いたりして

「行きたいな」と思う場所が世界中にあるから、日本とその場所を往復するよりも、一周しちゃう方が効率的かなと思っただけです(笑)

なので、強いて答えるなら、【お金と時間の合理性】と【好奇心】だけです!(笑)

 

いつごろから考え始めたかも、明確では無いです。なんとなく海外に興味を持ったのは、中学生ぐらいの時。

友達たちが、「夏休みにハワイに行った」「オーストラリアでコアラを抱っこした」「授業で習った万里の長城に行ったよ」と話す姿が羨ましく思ったのを覚えていいます。

 

父親の影響からか、日本のお寺やお城、海外のピラミッドやマヤ文明、遺跡など、古いもの、歴史が好きでテレビ番組で「ピラミッドの謎が解明される!?」とかやっていると、必ず見るほどでした。

そういう子ども時代を過ごしていると、いつの頃か、「実際に自分の目で見たいな」「登ってみたいな」と、単純にそういう思いが膨らんでいました。

 

漠然と、「大学生になったら世界一周しよう」とだけ思っていましたが、現実は、部活が忙しく、お金もなかったので、動けぬまま、学生時代は過ぎてしまいました。そのため、社会人になってから、「30歳になるまでは、若くて、価値観を柔軟に受け入れて、自分を変化させられる!それまでに、絶対に世界一周しよう!」と、心に強く決めました。

 

なぜNexSeedのエンジニア留学を選んだのか?

スクリーンショット 2017-02-27 17.38.07

1.英語力向上のため

世界を旅するなら、移動や宿泊先の確保など、困らないようにしたい。そして、旅先での色んな国の旅人と交流を持ちたい。その想いから、英語を学びたいと思いました。

でも、何を隠そう、TOEIC300点。こんな僕が自力で勉強するのは、あまりにもタフだと思い、留学を決意しました!

2.プログラミングスキルを身に付けたい

20代のうちに、「絶対に世界一周に出発しよう」、と決めたものの思えば、あと1年ちょっとで30歳になってしまう!と焦りから、そこから一生懸命資金を作りました。

目標は300万の貯金!

ところが、途中経過で計算してみても、200万貯めるのが限界だとわかり、行きたいところを省くことも頭をよぎりました。

でも、二度とないかもしれない世界一周なら、好きなところに、好きなだけ行きたい!それなら、どうするべきか!?

そう、行きたいなら行ける方法を調べよう。そこから、Googleで【旅 稼ぎながら】を検索し、プログラミングでノマドライフを送っている人の記事を見つけ、チャレンジすることを決意しました!

スクリーンショット 2017-02-28 9.41.30

3.フォローが充実していたこと

NexSeedでは、入学を決める前に、電話でカウンセリングをしていただけます。
その時に、次の内容を相談しました。

・プログラミングの知識がないこと

・どんなパソコンを買ったらいいか分からない

・プログラミングの予習をしておきたいけど、何から手をつけたらいいか分からない

・3ヶ月も海外に滞在したことがないから不安

・英語が全く出来ないのにマンツーマンのレッスンが成り立つのか

つまり、不安に思っている事がたくさんあったんです。

カウンセリングを担当してくれた鈴木さんは、これらを電話で丁寧に説明してくれた上、メールでも、用意するパソコンのスペックや勉強するためにオススメのサイトのURLを送ってくださったり、不安が1つ1つ解消されるにつれ、とても安心できました。

海外に行く上で、この「安心感」というのは、とても大きな要素になってくると思うので、留学先を決める上でこれに重点を置いて探してみると良いのではないかと思います。

せっかく留学するなら授業に集中したいと思うので!

 

セブでの留学生活

スクリーンショット 2017-02-27 17.38.41

エンジニアコースでは、初日に【自習時間450時間】をコミットします。

そのため、留学生活が始まってからの1日の流れはこうでした。

午前:エンジニアコース 3コマ

午後:英語のマンツーマンクラス 3コマ

放課後:エンジニアの自習、英語の復習

翌朝:英語の予習

 

90日で450時間の自習時間だと、放課後に5時間の自習時間が必要です。僕は、英語も頑張りたかったので、土日にエンジニアの勉強を少し増やすことで、なんとか450時間は達成すること
ができました。

 

エンジニアコースでは、受講生のペースに合わせて授業を進めてくれるので、安心して授業を受けることができます。パソコンを触りながら授業が進みますが、メモを取りながらでも、十分ついていけます。

そして、もちろん、だいたい毎日宿題はあります。その日習ったことの応用編が主で、翌日の授業の最初に答え合わせと解説をしてくれるので、スキルを身につけながら前進できていると実感できました。

先生の空き時間や、放課後に、質問することもできるので、分からないことを潰していきながらスキルアップが可能です。

 

英語の授業では、オリエンテーションのテストで、英語スキルがわかるので、レベルに沿って授業を進めてくれます。TOEIC300点だった僕は、最低ランクからのスタートで、最初は先生が何を言っているのか本当に分からず、何度も聞き返しながらの授業でした。

 

でも、言い方を変えてわかりやすくしてくれたり、ゆっくり話してくれたり、ホワイトボードに文を書いて見せてくれたり、ありとあらゆる方法で、僕が理解できるまで熱心に向き合ってくれました。

僕は、何とかその思いに応えたいということが、英語を学ぶ一番のモチベーションになっていきました。

実際、最後のテストでは、最初に比べて2ランクアップ。英語のスキルが上がったことよりも、先生たちもとても喜んでくれたのが、僕にとっては何よりも嬉しいことでした。

 

このように、どの先生も、生徒の成長を心から応援してくれる学校です。

毎週金曜日の放課後は卒業式があるのですが、先生方のサプライズがあったり、涙あり、笑いありで、送り出してくれたのも、心と記憶に深く残っています。

 

そして、現在、世界一周中でも、様々な国の旅人と交流しますが、英語を話せると一気に距離が縮まります!実際に、facebookの友達も200人以上増えました!!

スクリーンショット 2017-02-27 17.41.24

ぜひ、世界一周前には、セブ島留学されることをオススメします!

セブ島エンジニア留学後に世界一周!世界一周のススメ

 

次回セブ島留学で感じたこと・世界一周中の小野さんの考える
「夢」のありかたについて

後編に続く