英語スピーキング力を楽しんで身に着ける勉強法5選

この記事では、楽しんで日常会話レベルの英語のスピーキング力を身に着ける方法をお伝えします。

 

楽しむ前に基礎はしっかり抑えよう。

楽しんで英語のスピーキング力を身に着けるといっても、楽をするわけではありません。抑えるべき、基礎的な英語力をまずは身に付けましょう。日常会話に必要なスピーキング力はただ単に、yes,noで答える、文法的に誤りでもとりあえず通じれば良い、というレベルではありません。

好きなことや趣味、学校での勉強など、相手と英語で意思の疎通がとれるレベルです。最低限の文法、単語の知識は必要になります。

 

中学レベルの単語、文法は理解する。

必要な基礎的な英語力はどのくらいかというと、中学校レベルの単語、文法をしっかり理解できるレベルです。中学レベルと聞いて、そんな馬鹿な、と思われる方も多いかもしれません。

ですが、意外と身についていない方が多いのです。何となくわかるというレベルではありません。完璧を目指しましょう。

単語であれば、考えることなく即座に訳が出てくるレベル、文法であれば中学レベルの問題は間違えないレベルを目指しましょう。

ec8bcd972b791475f24ae64d5a79e619_s

 

基礎を身に着けるのにおすすめの教材と勉強法

単語に関しては「中学英単語FOMULA」という東進ハイスクールより出ている単語集が使いやすいため、おすすめです。単語の勉強に関しては、単語カードの利用がおすすめです。

一度単語カードにすべての単語を書き出し、それを端から順に覚えていくのが効果的です。一気にすべてをまとめてやるよりは項目別、あるいは200個ずつなど、区切って着実に覚えるようにしましょう。

また文法に関しては「Mr.evineの中学英文法を修了するドリル」という問題集がおすすめです。受験用の文法問題集ではなく、英語をしっかりと使えることを目的にしたものです。解説もわかりやすく使いやすいです。またこの文法書はシリーズになっています。これを完璧にしてもっと英語力を伸ばしたい方は、さらに上のシリーズを試してみるのもいいでしょう。

使い方は簡単です。ノートを使って問題を解くそれだけです。答えを覚えてしまうくらいまでやりこむのが重要です。

また、どちらの方法に関しても、ほかのことと同時にやるのではなく、一気に徹底して、やり切ってしまいましょう。取り組む順番は単語、文法の順番がおすすめです。すべてやり切ったら、忘れないよう定期的に復習しましょう。

 

楽しんで英語のスピーキング力を上げる方法

ここからは具体的な勉強方法に入ります。

一言で言ってしまうと、自分が楽しく続けられるものをやる、というのが一番です。そして何より英語に触れる時間を多くする、ということが大切です。

日常会話レベルであれば、意識的にスピーキング力を上げる努力をしなくても、英語に触れる時間が多ければ到達できます。ここでは、私が日常会話レベルのスピーキング力を身に着けた方法をご紹介します。

どれも無料、あるいは低額から始めることができ、比較的簡単に取り組むことができるものばかりです。

こちらを参考に、ご自身の勉強スタイルを見つけていただければと思います。