漠然と英語を使う職業に就きたい人へ!魅力的な生き方をしている5人を紹介


英語を生かして仕事をしたい!

「英語を生かして仕事をしたい!」と、英語学習者なら誰しもが思うことですよね。英語を流暢に話しているのはとてもかっこいいですし、何より海外が大好きで語学勉強を頑張ってきた、という人にとっては”天職”なのかもしれません。

しかし、立派な目標ではありますが、ただ漠然と「英語を生かして仕事をしたい」と考えている人が多いのも事実。

もし、グローバル企業に就職できたとしても、期待通りの部署に配属されなければ、思ったような仕事ができない可能性もあります。でも、実際仕事は自分1人でやっている訳ではないので、当たり前ですよね。

 

本当にあなたが「英語を通して」やりたいこととは?

34d24076ead87f9565dfa6d066675da2_s

今の時代はネットで色々な情報が得られるというメリットがありますが、他人と比べてしまいがちです。友達が英語を使って仕事をしていたり、留学していたりする写真をSNSでみると「いいな〜。私もやりたい」となりますよね。

もし、こういった理由で「就職」や「留学」を考えているのなら、一度立ち止まった方がいいです。それは「自分の本当にやりたいこと」ではない可能性があります。

仮に就職できたり留学したとしても、本心がブレブレなので、ちょっと辛いことがあると挫折してしまいます。

 

英語を生かして魅力的な生き方をしている5人を紹介!

5a0a8ed3a28ce7225c4fdf96cd27e192_s

ちょっと暗い話になってしまいましたが、ここで魅力的な働き方をしている5人を紹介します。

英語が得意でも得意じゃなくても、英語がちょっとできて、自分の夢に突き進んでいけば「自分らしい生き方」を達成できるかも?友達の真似をするぐらいなら、一流の真似をしてみましょう!

5人の生き方を見たら、あなたが英語を通してやりたかったことにチャレンジしたくなるかも。

 

1.澤亜澄(起業家)

1977年生まれの起業家・不動産投資家の澤亜澄さん。20代で起業家として成功を納め、現在は35歳(2017/05/28時点)の一児の父。セミリタイアをして、ハワイで生活しています。

また、澤さんは「会社組織の為に人生を捧げる、自分の時間を犠牲にして賃金を得る働き方という考え方に納得がいかず、一度も就職をしたことがないそうです。さらに、ブログのテーマである”これからは個人力で生きていく時代”だと10年以上も前から考えていて、インターネットを通して企業しています。

今ではクラウドソーシングが世間で受け入れられてきつつあり、PC一つで場所にとらわれない”フリーランス”という働き方をする人が増えてきましたが、澤さんはいち早く行動をして結果を出した方です。

”組織にとらわれず「自分で考えて、自分で決めて、自分で稼いで、自由に生きる」そんな生き方をしたい!”と考えている方は、澤さんのブログを一度見てみるのも良いかもしれません。

ブログ → これからは個人力で生きていく時代。

Twitter → @Sawa Azumi

 

2.南まい(世界一周バックパッカー)

1982年生まれの南まいさん。元女優だけあってとっても美しい方です!しかし、すでに世界2周をバックパッカーで達成しているという、男顔負けな一面もあります。

「女性で世界一周?しかもバックパック1つで・・。危険じゃないの?」って思われるかもしれませんが、ご想像の通り、何ども危険な目にあってきたようです笑 その際の書籍も販売しているので、よかったらどうぞ。(独女世界放浪記

また、このような異色の経歴を生かして「世界一周したい!」と思っている方の為に”世界一周スクール”の講師もしています。もし「世界一周したいな〜」と思っていたら、トークライブに行ってみたり、ブログをみてみたりしてみると、いろんな情報が得られますよ!

実は南まいさん、NexSeedの英語留学卒業生でもあります。

ブログ       → ぐるっと!世界一周。

Facebook  → 南まい

講師     → 旅大学

 

3.安河内哲也(東進英語講師)

東進ハイスクール・東進衛星予備校で絶大な人気を誇るカリスマ英語教師”安河内哲也”さん。日本の英語教師の中でもトップクラスの実力をもち、TOEIC990点満点、英検1級、国連英検特A級という輝かしい経歴の持ち主。

また、参考書も数多く出版しており、受験生の神様的存在。大学受験の時、お世話になった人も少なくないのではないでしょうか?熱い先生で、人柄含めて愛されています。

大好きな英語を極めて、英語教師としてして生計を立てていくのは、想像以上に大変だと思います。でも、その分人の役に立つ素敵な職業だと思います。英語教師を目指している方は、ブログをチェックしてみてはいかがでしょうか?

ブログ → 「やればできる!」