覚えておきたい♡お花の英語名とお花を使った欧米的アプローチ術


みなさんはお花の英語名をどのくらい知っていますか?

日常会話のなかで頻繁に使うことが無いので実はあんまり知らない・・・という方も多いのではないでしょうか。

大胆でロマンチックな欧米人は、日本よりも恋人に花を贈る文化が盛んですので、あなたもいつどこでお花の名前に出くわすかわかりません。また、欧米では贈る相手やタイミングに合わせて自分の気持ちを表現するのにお花を用いることがあります。

そこで今回は、最低限覚えておきたいお花の英語名と、お花を使った欧米的アプローチ術についてご紹介したいと思います。

 

①これだけはチェック!お花の英語名

まずはお花の名前について、最低限の英単語を押さえておきましょう!

春のお花

チューリップ tulip

カーネーション carnation

ガーベラ african daisy

バラ rose

シャクヤク peony

サクラ cherry blossom

スズラン lily of the valley

ライラック lilac

 

夏のお花

あさがお morning glory

ハイビスカス hibiscus

ひまわり sunflower

あじさい hydrangea

カスミソウ gypsophila

ユリ lily

 

秋のお花

コスモス cosmos

キンモクセイ fragrant olive

ダリア dahlia

キク chrysanthemum

 

冬のお花

パンジー pansy

ポインセチア poinsettia

シクラメン cyclamen

 

②お花を使った欧米的アプローチ術

お花は日本人にとっても、日々自宅に飾ったり、感謝の気持ちを込めて贈ったりする身近なアイテムです。ところが、記念日に恋人に花束を贈った経験のある男性はどのくらいいらっしゃるでしょうか?結婚式の会場装花を選ぶ時になって、初めてじっくりとお花の種類を見た、という方も少なくないはずです。

一方欧米では、贈る相手やタイミングによってお花の種類を考え、自分の気持ちを伝える一種のコミュニケーションツールとしてお花を使うことがあります。ここからは、そんなお花を使った欧米的アプローチ術をいくつかご紹介してみたいと思います。

プロムとコサージュ

still-2609524_640

プロムとは何かご存知ですか?プロムナード(舞踏会)の略称で、主にアメリカの高校で卒業祝賀会として行われるダンスパーティーのことです。

男女のカップルで参加する決まりになっていて、プロムチケットの販売が始まると男子は意中の女子をどうやってプロムに誘うかで頭を悩ませることになります。

さて、そんなプロムの素敵な習慣にコサージュとブートニアの交換があります。これは、男子が女子の手首につけるコサージュを、女子が男子のタキシードにつけるブートニアをお互いにプレゼントするというもの。

パートナーのイメージに合わせたオーダーメイドで、生花を用いて作るため前日から冷蔵庫に入れて大切に保管します。当日の夜、女子の家の玄関まで迎えに来た男子が、パートナーの手首にコサージュを付けてあげるのも一つの大切な儀式。大人になる前にエスコートの仕方を勉強する機会にもなっているんですね。

コサージュ選びは、女子のドレス選びから始まります。ドレスにぴったりの色合いでコサージュをオーダーしたら、同じ色で男子用のブートニアを作り、同時進行で男子側に色を伝えて同じ色のタイを準備してもらう・・・想像しただけで準備する時からわくわく楽しそうですよね♪

ちなみにこのコサージュ、サイズは小さめでも結構な量の生花を使うので50ドル程度とお値段も結構するんだそうです!男子が全額負担するにはちょっとハードルの高い金額ですので、仲良く割り勘するのが常なんだとか。

Author Profile

Midori
Midori
九州大学経済学部卒業後、金融機関の営業職に従事。結婚を機に退職し、現在はフリーライターとして活動中。イギリスへの短期留学やNY一人旅の経験をもとに、英語学習や旅行関連の記事を執筆している。
Twitter