「悔しい!」「ちくしょう!」を英語で表現するフレーズ7選


みなさん、「悔しい!」を英語で表現できますか?

悔しい思いをしたときに、「悔しい」と英語で言えないと余計悔しいので、今回は、「悔しい」を英語で表現するためのフレーズをご紹介します。

また、悔しければ悔しいほど、スラングも出ちゃうものです。なので、悔しいときに使えるスラングも少しだけご紹介します。

 

「悔しい!」ときに使える英語フレーズ

I’m so mad at myself.

「自分に腹が立つ」という意味で「悔しい」を表現できるフレーズです。「Mad at myself」で「自分自身に腹が立つ」という意味になります。

「Mad」は怒っているとき、イライラするときによく使われる単語です。

 

I’m so frustrated.

日本語の「悔しい」に1番近いフレーズがこれです。

「もどかしいイライラ」を表現できるのが、この「frustrated」という単語です。「フラストレーション」は日本語でも言いますよね。

I feel frustrated.「悔しい」

I’m frustrated that I lost all my money in gambling.「ギャンブルで全財産溶かして悔しい」

 

That was really unexpected.

「期待はずれ」「予想してなかったよ」という意味のフレーズで悔しさを表現できます。

私なら、応援していたチームが負けてしまったときに言います。

 

I regret not ○○ing.

「あの時〇〇しなかったことを後悔している」という意味です。

「regret」「後悔している」という単語で悔しさを表現できるフレーズです。

I regret not going to university「大学に行かなかったことを後悔している」

 

I’m a bit regretful.

「ちょっと後悔している」という文です。

先程のフレーズと同じく、後悔という単語で悔しさを表現するフレーズです。

 

Screw it!

「ちくしょー」というスラングです。

悔しかった場合、イライラする場合、「ちくしょー」と言いたくなりますよね。そんなときはコレです。

screw it! I’m so frustrated.「ちくしょー!めっちゃ悔しい」

 

That sucks!

「最悪・くそっ」という意味のスラングです。

「sucks!」だけでも通じ、よく使われるスラングですが、決して綺麗な言葉ではありません。

使うタイミングは注意しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

「悔しい!」という場面で、是非ご紹介した表現を使ってみてください。

自分の感じた感情を英語で表現できるようになると、英会話がもっと楽しくなりますよ!

 

記事下バナー英語用 のコピー