ネイティブがよく使う英語の挨拶32選【シチュエーション別】



今回は英語での挨拶をご紹介します。
Hello以外の挨拶、すぐに思いきますか?

目上の方、ビジネス上での挨拶、親しい友人との挨拶を使い分けれると、会話レベルがぐんっとあがります。そこで、シチュエーション別にまとめました。

 

初めて会ったときの挨拶

Nice to meet you.(はじめまして)

みなさんご存じの挨拶です。

 

It’s a pleasure to meet you.(お会い出来て光栄です)

丁寧な初対面の挨拶です。

 

How do you do?(ご機嫌いかがですか?)

初めて会った人に使う挨拶です。
同じフレーズで答えることができます。

 

日常の挨拶

 

How are you?(調子はどうですか?)

相手を気遣う質問です。Hello とセットにして使われることが多いです。

 

How are you doing?(調子はどうですか?)

“How are you?” と同じ意味です。

 

How’s everything?(調子はどうですか?)

“How are you?” と似たようなニュアンスです。
相手のこと全体(everything)に対して質問しており、カジュアルな挨拶です。
goodやnot bad「悪くないよ」という返事がふさわしいです。

 

How’s everything going?(調子はどうですか?)

“How’s everything?” と同じ意味です。
体調というよりは、物事がすべて上手くいっていますか?というニュアンスです。

 

日常の挨拶:カジュアル編

Hi.(やあ)

Hello よりもカジュアルな挨拶なのが Hi. です。会ったことのある人に対して使います。

 

Hiya!(よお!)

“Hi” よりもくだけた印象です。

 

Heya.(ねぇ)

“Hey you.”「ねえ君」の略です。
”Heya, how’re you doing?”「やあ、調子はどう?」と、親しい友人に使います。

 

Hi there.(やぁ)

ちょっと離れたところにいる人に向かって使います。「やぁそこの人!」のニュアンスです。
複数にも使えます。

 

What’s up?(よお!)

親しい間柄での挨拶によく使われます。What’s up?で返すことが多いです。
「何か新しいことあった?」というのが元々の意味です。

 

How is it going?(うまくいってる?)

“How is everything going?” に近いですが、よりくだけたニュアンスです。

 

How’s life?(調子どうよ)

仕事や学業、家庭、恋愛などを含む、すべてについて聞く質問です。

 

How’s your day going?(今日どんなかんじ?)

今日がうまくいっているかどうかの質問です。

 

続きを読む / 久しぶりに会ったときの挨拶

Author Profile

シードくん
シードくん
ネクシードの広報担当。フィリピン・セブ島の魅力や、フィリピン留学の良さ、ネクシードでの留学生活の様子を伝えるのがお仕事。