俳句・川柳投稿アプリ「ニシキゴイ」が大幅バージョンアップしてリリース!

こんにちは!はじめまして。

NexSeedエンジニア留学卒業生の河邉今人と申します。

卒業生が何でこんなところに?って感じですが、この度は編集長のkuniyoshiパイセンに

「アプリの宣伝をさせてくれ!!!」

と懇願し、なんとか許可をもらったので、つくったアプリの紹介をさせていただきます。

ご紹介するのは5・7・5(俳句・川柳)を共有できるSNSアプリ「ニシキゴイ」です。実は2017年末にリリースした時も、こちらでご紹介いただきました。

俳句×アプリ!?俳句専用SNSサービスをレビュー【師弟制度アリ】

今回は、メンバーも独りから2人に増え、大幅にバージョンアップしましたので、改めてご紹介させていただきたく思った所存でございます。

どうか最後までお付き合いいただけると嬉しいです!!!

 

俳句・川柳投稿アプリ「ニシキゴイ」ってどんなアプリ???

簡潔に言うとニシキゴイは、5・7・5(俳句・川柳)を写真の上に乗っけて投稿するアプリです。

入力した文字が縦書きになって出力され、写真上の自分が好きなところに配置することができます。

タイムラインのUI(User Interface:アプリの見た目)はおおよそインスタグラムみたいな感じです。

現状ユーザー数と投稿数がそれほど多くないので、タイムラインには全ユーザーの投稿が流れていますが、今後ユーザー増加に伴って、師匠(フォローしているユーザー)の投稿のみを表示するカタチに変えていきたいと思っています。

その他実際の投稿操作などは、以前の記事でご紹介いただいたので今回は省かせていただきます。

 

 

俳句・川柳投稿アプリ「ニシキゴイ」のここがアップデート!!!

採点機能から「エモいね」機能へ!

これまで投稿に対して100点満点で採点する機能を実装していたのですが、これに対して

採点するのめんどくさい。

という声が多く、なかなか採点してくれるユーザーが増えませんでした。

ニシキゴイにはランキング機能を実装しているので、これはなかなか致命的だったんです…

そこで今回は天下のインスタグラム様をパクリ、もっと簡単な「エモいね」機能を実装しました。

まったくインスタグラムと一緒ですね。素晴らしい!

ハートマークをタップするか、投稿画像をダブルタップすることで「エモいね」することができます。

これもインスタグラムのパクリですね。素晴らしい!

この機能を実装すると、実際に投稿を評価(エモいね)してくれるユーザーは増加しました。

やっぱりインスタグラム様はすげーなーと思いました。

今後も積極的にパクっていきたい所存です。

 

コードがかなり綺麗に!

これはユーザー様からは見えないところですが、ぐちゃぐちゃだったコードを整理することで、バグを随分減らすことができました。

 

シェアしてほしい!!!お願い!!!

リリース当初から実装しているのに、なかなか使ってもらえない機能として、シェア機能があります。

いかにもシェアできます!って感じのアイコンを置いてるのですが、なぜでしょうか。全然使ってもらえません。

このボタンをタップすると、様々なSNSに共有できたり、はたまたAirDrop共有までできるんです。

FacebookとかTwitterとかで「#ニシキゴイ」がついて投稿されると、ニシキゴイ開発チームのスラック(チャットツール)に通知が来るようになっているのですが、これがまた嬉しいんですよね。

今日もこの同じ空の下で知らない誰かが自分のアプリを使ってくれている実感があります。

ここで当メディア編集長の、kuniyoshiパイセンからめんどくさい一言が入ります。

別にユーザーがアプリを使ってくれてる実感くらい、自分もユーザーなんだから感じるでしょ?なんでシェアする必要があるんすか?うちのメディアで適当なこと書かないでもらえます?

嫌いです。こういう理屈っぽい人は。

 

他のSNSにシェアしてくれると宣伝になるからですよ!!!

そのくらい察してほしい!!!言わせないでほしい!!!

ということでみなさんよかったらシェアをお願いします。

もちろんこの記事のシェアも嬉しいです。宣伝になるので。

 

開発メンバーはNexSeedエンジニア留学卒業生の2人!

昨年末リリースした時は、自分の誕生日祝いに独りでつくったのですが、今年に入ってからNexSeedのエンジニア留学でルームメイトだった陽さんが加わって2人体制の開発チームになりました。

プログラミングという魔法だけでなく、仲間も与えてくれたNexSeedのエンジニア留学は素晴らしかったですね。

(↑無理やり書かされました)

 

ニシキゴイ開発に込めたエモき想い

最初にニシキゴイをリリースしたときは、周りの女の子がちやほやしてくれて、身内の人が楽しんでくれればいっかなーくらいに思って開発していたのですが、最近ではまったく知らないユーザーさんも増えてきて、少し考え方が変わってきました。

インスタグラム様とかtwitterとかって結構エモーショナルな投稿がしづらい雰囲気があると思っていて、みんな自分を取り繕ってる気がしたりしませんか?

例えばインスタグラムなら無理してインスタ映えを狙ったり、私はインスタグラム様を素直に楽しめなくなってきてしまったんです。

17音って不思議で、人を素直にしてしまうと思うんですよね。

だからこそニシキゴイのアプリ内にはユーザーの心のうちが溢れているし、そういう投稿をみているほうが、インスタ映えとかよりも自分としては楽しいのです。

この鯉は台湾で撮影

ニシキゴイというアプリ名は、黒い水面を泳ぐニシキゴイがきれいだなーと思ったからつけました。

こじつけかもしれないですが、人間の心の中とこの絵面は似てるんじゃないかなと思っています。

真っ暗闇の中に、カラフルな感情がうごめいている感じです。

ゆら〜って泳いでる姿とか、餌を投げ入れた時のバシャバシャ感とか、小雨降ってるときのポツポツ感とか凄く人間の感情っぽくないですか。

私、エモいこと書いてますね。

とにかく、私はこのニシキゴイというアプリを通して、現代人の感情の吐き出し場をつくりたいし、デジタルが何事も完璧にこなす時代において、あえて余白を楽しむ不完全な17音という表現の可能性を追求したいと思っています。

ぜひダウンロードして遊んでいただけると嬉しいです。

 

 

ちなみに現在、もっとも多くの弟子(フォロワー)を持っているのはわたしです。

私を超えるニシキゴラーの現れを期待したいと思います。

お邪魔しました。最後までお読みいただきありがとうございます!

それでは失礼します。