“hang out”の意味って?相手別の適切なお誘いフレーズ♡


海外の映画やドラマなどを見ていると、頻繁にでてくる”hang out”という言葉。耳覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?一般的に、「誰かと一緒に時間を過ごす」ことを”hang out”と言うため、”Let’s hang out!”と言った場合「遊ぼうよ!」というお誘いフレーズになります。

さあ、さっそく使ってみようと思ったあなた。ちょっと待って!

日本語同様に、英語にもさまざまなお誘いフレーズがあり、相手によって使い分ける必要があります。ここでは、相手によって適した言葉でお誘いできるようになるための基本フレーズをいくつかご紹介したいと思います。

 

“hang out”の使い方

先ほどご説明した通り、”hang out”とは「誰かと一緒に時間を過ごす」という意味になりますが、ニュアンスとしては軽めでカジュアルな雰囲気になります。ネイティブで実際に使うのも若者が中心です。よって、友達(特別な関係ではない相手)に使うのが適切です。敬意を払うべき目上の方や、恋人などの特別な相手には使わないほうがベターでしょう。

(例)Do you want to hang out?(遊びに行かない?)

Let’s hang out!(遊ぼうよ!)

“hang out”の後ろにtomorrowなど希望する日程をつけ加えるとよりスムーズに会話が進みます。

(例)Wanna hang out tomorrow?(明日遊ばない?)

 

目上の人へのお誘いフレーズ”Would you like to~?”

敬意を払うべき目上の人をお誘いする場合は、”Do you want to~?”よりも丁寧な”Would you like to ~?”を

使うようにすると安全。この場合は、toのあとにお誘い内容を入れることになります。

(例)Would you like to go to dinner?(夕食に行きませんか?)

Would you like to go for a drink?(1杯飲みに行きませんか?)

Would you like to go shopping?(買い物に行きませんか?)

“hang out”のように「一緒に何かしませんか?」という感じで伝えたいときは、文の最後に”or something”とつけるとそれらしく伝えることができます。

(例)Would you like to go for a drink, or something?(1杯飲みにでも行きませんか?)

こうすることで、「飲みにでも行きませんか?(こちらはお茶でもお食事でもなんでも構わないのですが)」といったニュアンスを出すことができます。

また、初めて職場の上司を飲みに誘うときなど、「誘っても大丈夫かな?」と不安がある場合は、より丁寧に「もしよろしければ・・・」という言葉を付け加えると良いでしょう。

(例)If you wouldn’t mind, would you like to have a drink together?(もしよろしければ、一緒に1杯飲みに行きませんか?)

ややくどい言い回しですが、場面によっては必要な表現方法ですね。この他にも、”if it works for you(もしも都合がよければ)””if that’s all right with you(もしあなたが大丈夫であれば)”などいろいろな言い方がありますので、丁寧さの度合いによって使い分けていきましょう。

 

異性のお誘いフレーズいろいろ

さて、気軽なものから丁寧なものまで、さまざまなお誘いフレーズを見てまいりましたが、みなさんが気になるのはやっぱり、気になるあの人に向けて使うお誘いフレーズなのではないでしょうか♡

Author Profile

Midori
Midori
九州大学経済学部卒業後、金融機関の営業職に従事。結婚を機に退職し、現在はフリーライターとして活動中。イギリスへの短期留学やNY一人旅の経験をもとに、英語学習や旅行関連の記事を執筆している。
Twitter