感情も伝えよう!幸せという気持ちを伝える英語32選


幸せというと「happy」という言葉がすぐに思い浮かびますが、英語で幸せを表す言葉はたくさんあります。それらを使い分けるなら、どれくらい満足しているか、幸せかを伝えることができます。

ぜひ使い分けられるようになって、自分の感情を伝えられるようにしましょう。

 

よく使われる幸せを表現する英語

まずはよく使われる 幸せを表現する英語から見ていきましょう。どんなニュアンスなのかを掴んで、使い分けできるようにしましょう。

「happy」

幸せを表すもっとも一般的な言葉です。「happy」には広い意味があり、喜んでいる様子が表面に出ていない場合も出ている場合もあります。「happy」継続的に幸せが続くというニュアンスもあります。

1.I’m happy with you.

あなたと一緒でわたしは幸せです。

 

2.You look so happy.

幸せそうですね。

 

3.I’m also happy if you are happy.

あなたが幸せなら、わたしも幸せです。

 

bc8db80acb5f4db6329f86545752a0a1_s

 

「glad」

「happy」とほぼ同じように使われますが、感謝の気持ちがこもっています。「happy」が継続的な幸せを表すのに対して、「glad」はその場での幸せな気持ちを表します。

4.I’m glad to meet you.

お会いできうれしいです。

 

5.I’m glad to hear that.

それは良かった。

 

6.I am glad that he consulted with me.

彼が相談してくれてうれしいです。

 

「pleased」

「pleased」も幸せを表す言葉ですが、うれしいというよりも満足しているというニュアンスが強いです。フォーマルな響きもあります。

7.I’m pleased to meet you.

お会いできてうれしく思います。

→ビジネスのあいさつの定番です。

 

8.I’m pleased with my house.

わたしは自分の家に満足しています。

 

9.I’m pleased to be able to have dinner with you.

あなたとディナーを共にできうれしいです。

 

「delighted」

「大いに喜んでいる」と訳されます。手を上げて喜ぶような幸せな感じを伝えます。

10.I’m delighted to hear of your success.

わたしはあなたの成功を大いに喜んでいます。

 

11.The child was delighted to see his mother whom he had not seen for quite a long time.

その子は久しぶりに母親にあって大喜びした。

 

12.The extension of the summer vacation delighted the students.

夏休みの延長は生徒たちを大いに喜ばせた。

 

満足して幸せを表す英語

満足感といっても、度合いがあると思います。すごく満足しているときとそれなりに満足している時では、使う英語はどのように違ってくるのでしょうか?

 

「satisfied」

「満足した」という意味の形容詞です。十分に満たされて満足している様子です。

13.I’m very satisfied with this meal.

この食事にはとても満足です。

 

14.You shouldn’t be satisfied just participating.

あなたは参加するだけで満足すべきではない。

 

15.Were you satisfied with the result?

あなたは結果に満足したの?

 

「content」

「content」も「satisfied」と同じく「満足した」と訳されます。しかし「satisfied」は十分に満たされて幸せというニュアンスでしたが、「content」は十分ではないけれど、それなりに満足しているというニュアンスです。

16.I’m content with my current job.

わたしは現在の仕事にそれなりに満足している。

 

17.I’m content with my life.

わたしは自分の人生に満足している。

 

18.I’m content with what I have.

今あるもので満足している。

 

幸せの度合いを表せる様々な英語

ここからは使われる頻度は多くありませんが、覚えると感情が表現しやすくなる幸せに関連する英語を紹介します。

42eea2e890470effe8653ed4a79ece83_s

「joyful」

喜びでいっぱいの様子です。

19.I’m joyful because I could marry you.

わたしはあなたと結婚できて幸せです。

 

「cheerful」

快活で幸せな様子です。「元気のいい」「ウキウキしている」とも訳せます。

20.I’m very cheerful.

わたしはとてもウキウキしています。

 

「thankful」

「感謝している」の意味。感謝でいっぱいというニュアンスです。誰かに感謝しているというよりも恵まれた境遇に感謝して幸せという感じです。

21.I can’t express how thankful I am.

わたしがどんなに感謝しているかを説明することはできません。

 

「grateful」

こちらも「感謝している」の意味です。こちらは誰かから受けた恩恵に対して感謝しているときに使います。

22.I’m extremely grateful to you for making time.

時間をとってくださり、大変感謝いたします。

 

「gay」

「同性愛者」を表す「gay」ですが、「ウキウキした」「陽気な」という意味もあります。使い方は難しいですね。

23.All the world seems gay.

世の中の人は陽気に見える。

→「all the world」は「世界中」という意味です。

 

「merry」

「Merry Christmas!」で使われる「merry」ですが、「陽気な」「愉快な」という意味があります。

24.He is merry in his cups.

酒を飲むと彼は饒舌です。

→「in one’s cups」で「酒に酔って」というイディオム。

 

「joyous」

「うれしい」「おめでたい」という意味の形容詞です。フォーマルな響きがあります。

25.She is rarely joyous.

彼女はめったに喜ばない。

 

「tickled」

「笑わせる」「喜ばせる」の「tickle」を受け身で使って「喜ぶ」「楽しむ」の意味で使われます。

26.He was tickled with this proposal.

彼はこの提案に大喜びしました。

 

「radiant」

喜びで光り輝くようなイメージです。

27.You look radiant.

うれしそうですね。

 

「ecstatic」

幸せで有頂天になっている様子です。

28.I’m ecstatic now.

わたしは今この上なく幸せです。

 

「blessed」

「楽しい」「喜ばしい」の意味ですが、神の祝福と関連して使われます。

29.He is blessed with a good son.

彼は良い息子がいて幸せです。

 

「blissful」

「この上なく幸せ」という意味です。

30.I felt blissful, like if I had returned to the time when I was young.

わたしは若いときに戻ったようなこの上ない幸せを感じた。

 

「chuffed」

「大喜びして」「ホクホクして」という意味です。イギリスの口語英語です。

31.I’m chuffed to have won.

わたしは勝って大喜びしている。

 

「gratified」

「満足した」という形容詞です。

32.He was gratified to see her.

彼は彼女を見て喜んだ。

 

まとめ

幸せに関連する英語の表現を紹介しました。幸せといっても、度合いがあります。それなりに幸せなのか、すごく幸せなのか、ワクワクするほど幸せなのか違いがあるでしょう。それを全て同じ「happy」で表すことは難しいです。

しかしこの記事で取り上げた表現を少しずつ覚えていけば、自分の深い感情を伝えられます。少しずつボキャブラリーを増やしていき、英語でも良いコミュニケーションを取りましょう。

english-banner