「How to」や「Where to」の意味と英語例文で、疑問詞+to不定詞をマスター


「how to」や「where to」など、疑問詞+to不定詞の表現は、欠かすことのできない非常に大切な表現です。

今回は、「How to」や「Where to」などの意味と、疑問詞+to不定詞を使った表現を今一度おさらいしましょう。

 

「How to」を使った例文と使い方

「どのように〇〇したらいいか」という意味のフレーズになります。

「how to〇〇/ハウツー」というジャンルとしても確立されているので、イメージがつくのではないのでしょうか。

「どのようにしたらいいか」なので、「〇〇の使い方/作り方/やり方」と訳されることが多いです。

How to do the work「仕事の仕方」

How to get to school「学校への行き方」

How to raise the plants「植物の育てかた」

I don’t know how to do it.「私はそのやり方をしらない」

 

「Which to」を使った例文と使い方

「どちらを〇〇したらいいか」という意味のフレーズになります。

 

I don’t know which to buy A or B.「どちらを買ったらいいか分からない」

 

「Where to」を使った例文と使い方

「where to」は「どこへ〇〇したらいいか」という意味のフレーズになります。

I want know where to go.「どこへ行ったらいいかを知りたい」

I don’t know where to put this file.「このファイルをどこへ置くべきか分からない」

 

「When to」を使った例文と使い方

「when to」は「いつ〇〇したらいいか」という意味のフレーズになります。

I want know when to go to school「いつ学校へ行くべきか知りたい」

I don’t know when to give present for my friend.「友達へのプレゼントをいつ渡すべきかわからない」

 

「Who to」を使った例文と使い方

「who to」は「誰を/誰と〇〇したらいいか」という意味のフレーズになります。

I have to think who to join my team「誰を自分のチームに加えるべきか考えなければいけない」

I need more time to decide who to be manager.「誰がマネージャーになるか決めるのにもっと時間が必要です」

 

「What to」を使った例文と使い方

「what to」は、「何を〇〇したらいいか」という意味になります。

I don’t know what to give to my girl friend.「自分の彼女に何をあげたらいいかわからない」

I don’t know what to do next.「次になにをしたらいいか分からない」

 

「whether to」を使った例文と使い方

「whether to」は「するべきかどうか」という意味のフレーズになります。

It’s up to you whether to go or not.「行くべきかどうかは君次第」

I don’t know whether to cry or to laugh.「笑っていいのか泣いていいのか分かりません」

 

まとめ

いかがでしたか

howとwから始まる疑問詞を使いこなして、より豊かな英語表現を目指してみましょう!

 

NexSeedの英語留学、エンジニア留学について詳しく知りたい方はこちら

お気軽にお問い合わせください。