「つまり」「要するに」を英語で表現するフレーズ9選


「つまり〇〇です」や、「つまり〇〇ってこと?」など、「つまり」「要するに」を英語で言えますか?

英語には、「つまり」や「要は」という意味のフレーズが沢山あります。

1つ文章のつなぎや、文の始まりの定番フレーズを覚えると、同じ言葉ばっかり使ってしまうという方のために、今回は、「つまり」や「要するに」を英語で表現するフレーズをご紹介いたします。

 

「つまり」「要するに」を英語で表現するフレーズ

in other words

「つまり、言い換えると」という意味のフレーズです。

直前に説明したことを簡単に言い換えるときに使われるフレーズで、文の頭によく使われます。

I am CEO. in other word,I can fire you.「彼はCEOだ。つまり、お前をクビにできる」

 

What I’m trying to say is

「つまり」「どういうことかと言うと」という意味です。

自分の説明がごちゃごちゃしてしまった場合に、「要は」とまとめることができるフレーズです。

少し長いですが、覚えておくと便利です。

What I’m trying to say is you are fired「要するに、君はクビだ」

 

Basically

「要するに」という意味で使える単語です。

「基本的に」という意味もあるので、話をまとめるときには適していません。口癖で「Basically」を連発する人もいます。

カジュアルなニュアンスがあります。

Basically,Valentine day’s culture is corporate strategy for japanese.「要するに、日本のバレンタインデーの文化は企業戦略だ」

 

in short

「要するに」という意味のフレーズで、フォーマルな表現です。

「in short」なので、話をまとめる時に使いましょう。MTGの時などに使われる印象があります。

In short,I got fired「要するに、クビになった」

 

The point is

「要は」という意味のフレーズです。

「要点をまとめて説明する」というフレーズなので、このあとにダラダラ話すのはやめましょう。

The point is that he screwed up.「要するに、彼は大失敗した」

Author Profile

シードくん
シードくん
ネクシードの広報担当。フィリピン・セブ島の魅力や、フィリピン留学の良さ、ネクシードでの留学生活の様子を伝えるのがお仕事。