間違えやすい、「Lazy」がもつ複数の意味と使い方!


みなさん、「Lazy」という単語の意味ご存知ですか?

Bruno Marsの「The Lazy song」という曲で一度は聞いたことがあるかと思います。

「Today I don’t feel like doing anything」という歌詞から、なんとなく「Lazy」の意味は想像できるのではないでしょうか。

ということで、今回は、「Lazy」がもつ複数の意味をご紹介します。

 

「怠け者」という意味の「Lazy」

みなさんの持っている「Lazy」の意味はこちらではないでしょうか。

Lazyには、「怠け者」や、「面倒くさい」という意味があります。

My wife is so lazy.「私の妻はめんどくさがりだ」

 

「のんびり」という意味の「Lazy」

beach-1367282_640

「Lazy」は怠けものという意味だけではありません。

ここでよく、誤解が生まれますが、実は「のんびり」という意味もある単語です。

例えば、「lazy white clouds」で「ゆっくり流れる白い雲」という意味になります。

怠けている雲、という意味ではないのですが、「怠けもの」という意味だけしか知らないと、会話の意味が把握できなくなってしまいます。

 

「ヒマ」という意味の「Lazy」

buddha-1314708_640

「Lazy」には、「ヒマ」という意味もあります。

例えば、「Lazy day」というと、「怠けた日」という意味ではなく、「暇な日」という意味になります。

こちらも、「ヒマ」という意味を抑えておかないと、「怠けた日」という意味になり、ネガティブな意味になってしまいます。

 

まとめ

いかがでしたか。

「lazy」のように1つの単語でネガティブな意味とポジティブな意味を持っている言葉は他にもあります。

是非、「ん、今使うところじゃないのに」と疑問に思ったときに調べてみてください。

 

記事下バナー英語用 のコピー

Author Profile

シードくん
シードくん
ネクシードの広報担当。フィリピン・セブ島の魅力や、フィリピン留学の良さ、ネクシードでの留学生活の様子を伝えるのがお仕事。