「下手くそ!」「〜が下手です」を表現できる自然な英語フレーズ5選


「下手くそ」と言いたい時、あなたはどんな英語表現を使っていますか?

留学に来た生徒さんも、よく、最初の自己紹介の時、英語で「私は英語が下手です」と言っているのをよく聞きます。

実は、「下手」という表現にも、下手の度合いや、スラングの表現など、いろいろあります。

今回は、様々な「下手」という表現をご紹介します。

 

「下手」を意味する様々な英語表現・フレーズ5選

poor

「poor」には、「貧しい」以外にも、「下手」という意味があります。

技術が無い、という意味の下手に対して使える英語表現で、英語が下手、話せない、という場合にも使える英語表現です。

I’m sorry for my poor english「英語が下手でごめんね」

よく留学生が言っているのを聞きます。

 

not good at

「良くない」「上手くない」「得意じゃない」という意味のフレーズです。

「good at」で「〇〇が得意」という意味の表現になるので、その否定、「not good at」で「下手」という表現ができます。

My english isn’t good「英語が下手です」

また、似たフレーズですが、「be bad at」という表現も、「下手」という意味で使えます。「poor」よりも、少しやわらかい表現になります。

I’m bad at english「英語が下手です」

 

noob

スラングで、「下手くそ」と罵る時に使われる英語表現です。

ゲームが好きな方はご存知ではないでしょうか?

もとは、「newbie」という軍隊の新入りを指す言葉が変化し、「noob/ヌーブ」となりました。

ネットスラングです。

 

suck

下手くそを意味するスラングで、きれいな言葉ではありませんが、ネイティブが日常会話で1番よく使う、「下手くそ」という表現はこれかもしれません。

you are suck「下手くそ」

また、「suck at 〇〇」で「〇〇が下手くそ」という表現になります。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、様々な「下手」の英語表現をご紹介しました。

きっと、オンラインのゲームをしている(FPSとか)方は、外国の方が「noob」や「suck」と言っているのを見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

正しい綺麗な英語だけでなく、スラングの表現も学ぶことで、英会話の幅が広がるので、勉強してみても良いかもしれません。

english-banner