フィリピンの台風情報を見られるサイトまとめ☂


Super_Typhoon_Bopha

フィリピンの気候は、大体6月〜10月が雨期で11〜5月が乾期、台風のシーズンは9〜10月になります。フィリピンの雨期は日本の梅雨とは異なり、一日中あめが降り続けるということはあまりありません。セブ島の場合、スコールのようにバァーっと一時的に降るパターンが多いです。

台風が発生するシーズンも近づいてきたということで、台風情報が見られるサイト7つをまとめました!渡航前の情報収集や、渡航後のお出かけなどにお役立てください。

〜日本語サイト〜

 

日本気象協会

台風の進路(日本気象協会)

tenki.jpという、日本人向けのWebサイトです。日本の天気情報が主体となっていますが、フィリピンの5つの都市の気温と天気も確認できます。防災情報の中に台風情報という項目があり、台風の最新情報(現在地・風速など)を見ることができます。

 

 

マニラ新聞

マニラ新聞

フィリピンで起きた出来事について日本語で書かれた総合情報サイトです。ニュース一覧タブの気象・災害一覧から台風情報を見ることができます。始まりは20年以上も前で、社会・政治・経済とあらゆる要素を網羅しています。Twitterのつぶやきを集めた「フィリピンなう」というページでは、リアルタイムな情報を見ることができます。

記事は有料のものと無料のものがあり、Web購読は月々1,500円〜となっています。災害情報の他にも、網羅的にフィリピンの情報が知りたい方、長期滞在をする予定の方はこちらを利用するのもいいかもしれません。

 

 

外務省 海外安全ホームページ

外務省 海外安全HP

海外に、安全に滞在するための情報が紹介されているサイトです。トップページ→地図からの選択といった手順で、地域別に渡航情報(気をつけることなど)を見ることができます。台風の訪れるシーズンには注意喚起が出されます。また台風の通る地域(台湾やベトナムなど)の参考ウェブサイトも紹介されています。

台風情報だけでなく、治安や病気のことも知りたい方はこちらのサイトを利用すると便利かもしれません。

 

 

在フィリピン日本国大使館

在フィリピン日本国大使館

台風に備えるための事前準備・情報収集・退避方法などが紹介されています。その他には必要なものが揃っているかを確認する、チェックリストもあります。緊急事態への準備をしたい場合には参考になりそうなサイトです。

 

 

〜英語サイト〜

 

フィリピン気象庁(PAGASA)

フィリピン気象庁

フィリピン全体の天気情報を見ることができます。ページ上部にある「Tropical Cyclones」というタブから、台風情報のページへアクセスできます。直近に訪れる台風情報を知りたい方にはこちらのサイトが便利です。

 

 

weather philippines

weather philippines

こちらもフィリピン全体の天気予報が見れるページです。警報がある場合は「Announcement」という警告がトップページに表示されます。大雨・暴風の危険度は色で表されているので、場所さえ分かれば英語が読めなくても理解することができます。

大雨や暴風などの情報をパパッと見たい方にはこのサイトが便利です。ちなみにセブ島は真ん中あたりにある「Cebu City」と記載されている、細くて縦長の島です。

 

 

Wikipedia

wikipedia

過去に訪れた台風の一覧を見ることができます。台風の名前・年代・被害の大きさ(金額)を確認できます。これを見ると「ルソン島(首都のマニラがある島)」に多くの台風が訪れていることが分かります。

台風情報を細かく調べたい方はこちらを参考にするのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

各サイトをまとめた印象として、フィリピンの台風情報は英語サイトの方が詳しく調べられると感じました。フィリピン留学を検討している方は、練習がてら英語サイトを覗いてみるのもいいかもしれません。

 

記事下バナー英語用 のコピー

Author Profile

佐藤英太
佐藤英太
新潟県出身の放浪系フリーライター。大学を卒業後は木工職人を目指していたが急遽ライターに転身。岐阜・長野・新潟・高知・セブ島と各地を転々としながら、主に暮らしや旅の記事を執筆している。2015年4月〜9月の半年間、Nexseedでライターインターン生として活動。

掲載実績:
未来住まい方会議
Travel.jp たびねす
いなかマガジン
ブログ:放浪系フリーライターの日常