エンジニア留学で学んだ技術で自社HPの開発―セブ留学生日記Vol.1―


こんにちは、NexSeedインターン生のRockyです。

みなさんは、海外留学に関心をもったことはありますか?

興味があっても、海外の治安や留学生活に不安でなかなか一歩を踏み出せない人、多いのではないでしょうか。

NexSeedに留学に来る生徒さんは、クレイジーな人(良い意味で)が多いという話を聞きます。実際私も、とてもユニークで面白いけど自分の目標や夢のためにすごく頑張っている生徒さんばかりだなという印象です。

そこで、わたくしインターン生のRockyが、NexSeedに留学に来ている生徒さんに、さまざまな内容のインタビューを行い、セブ島留学生活のリアルに迫ります!

記念すべき第1回のインタビュイーは、Web開発コースのエンジニア留学で3ヶ月間英語とプログラミングを学んだ、人見洋介さんです。さっそくインタビューしてみましょう。

Q.  エンジニア留学に来たきっかけって何だったんですか?

IMG_6405

人見さん:僕、日本では自動車会社でカスタムの仕事をしていたんですよ。

カーイベントとかでよくドレスアップしている車ありますよね?依頼を受けて、顧客の要望通りに車をあんな風にカスタムしてて。

会社で1年くらい働いたあと、当時の先輩と二人で個人事業を始めることにしたんです。そのときはユーザー確保のために集客から納品まですべて自分たちでこなしていましたね。

そこで、ITの知識が重要だなって改めて思ったんです。

今はほとんどの企業がホームページとかSNSで活動してますが、うちもホームページ作ってお客さんにサービスや情報を発信できないかなって。委託でもいいんですけど、僕の場合は自分でそれを作りたくて(笑)

 

Q.  フィリピン・NexSeedでの留学を決意した理由は何ですか?

 

人見さん:英語とプログラミングを同時に学べるからです。プログラミングに関しては、留学に来る1年くらい前に、独学でHTMLとCSSを勉強してたんですけど、僕の経験則的に土台を誰かに教えてもらうほうが、早くスキル身につけられるかな、と思ったんです。

英語に関しては、最新のIT技術の情報って英語で書かれてるし、僕の顧客に外国人の方もいるから、もっと勉強しなきゃなって。

英語とプログラミング、この二つを検索でかけたら、真っ先に見つけたのがNexSeedだったんです。

ホームページを見てみたら、お!ここよさそうだなって(笑)さっそく問い合わせしましたね。

 

Q.  エンジニア留学でよかったこと・得たことは何ですか?

IMG_6402

人見さん:独学で勉強していたときは、分からないことを調べるとき、「1つのことを知りたいのに複数の情報が出てきて、知りたい情報を見つけるのが難しい」ってことが結構あったんですね。

エンジニア留学では、バッチメイトや先生にすぐ相談できるので、問題解決までのスピードが圧倒的に速くなりました。

あと、いいバッチメイト達に出会えたことです。僕と同期の生徒って30人くらいいるんですけど、みんな仲良くて、みんなで一緒に頑張っていこうぜー!ってノリだったんですよね。海外で同じ志をもった人たちが一つの目標に向かって進む、とても素晴らしい経験でした。

1つ苦労したことがあって、他の生徒さんが全員MacBookで僕だけWindowsだったんですよ(泣)そこに関しては先生がしっかりサポートしてくれたんで大丈夫だったんですけどね。