初心者必見!目的別プログラミング言語の選び方


前回の記事、「プログラミング独学の初心者が気をつけるべきたった1つのこと」で、「目標を明確に持ってプログラミング学習を始めた方が良い」と書いている中で、「目的別でプログラミング言語紹介、必要だな」と感じたので、今回は、「目的に合ったプログラミング言語の選び方」をテーマにご紹介します。

 

目的別プログラミング言語の選び方

さて、前回の記事で、プログラミング学習を始める上で重要なことが、「目標を明確にもつこと」だとご紹介しました。

そこで今回は、目標を明確にしたあなたが、果たして、どの言語から学習を始めればよいのかをご紹介していきます。

そもそもプログラミングとは?という理解を深めたい方はこちらの記事をお読みください。

「プログラミング」とは?何が得られるのか、何ができるのか

では、早速目的別にご紹介していきます。

 

Webサイトを作りたい

webサイトを作りたい、という目標を持っている方にオススメの言語をご紹介します。

ここで言うwebサイトとは、サーバーサイドの処理をしない、システムを必要としない、いわゆる商品紹介ページなどを指します。

1.HTML,CSS

HTMLは、Hyper Text Markup Languageの略で、世の中のwebページは、ほとんどがこの言語を用いてあなたのブラウザに表示されています。

HTMLでは、様々なタグを用いて、文字にリンクを貼ったり、文字に役割(タイトルや段落、表など)を与えることができます。

この記事もHTMLを用いて表示しています。

CSSは、Cascading Style Sheetsの略でHTMLで役割を与えた文字などを更に修飾するための言語です。

文字や要素の詳しい配置、どうやって表示させるかをCSSに記述することで、「オシャレなサイト」を作ることができます。

HTML,CSSの学び方

HTMLを学びたい方は、Progateという学習サイトがオススメ。

ProgateのHTML,CSS学習コース

プログラミングをブラウザ上で実際に書いて実行できるので、今すぐ勉強を始めたい方は早速Progateで始めてみましょう。

 

2.Javascript

Javascriptは、webサイトの動きや、webアプリの機能を開発する際に使われるプログラミング言語です。

スライドする動き、メニューバーの出し入れ、ポップアップの表示など、様々な場面で活躍する言語で、学習コストが低いことや、汎用性から人気の言語です。

webデザイナーになりたいなどであれば、HTML,CSSとJavascriptは覚えておきたい言語です。

Javascriptの学び方

javascriptも、Progateで実際に書きながら勉強することができます。

ProgateのJavascript学習コース

 

Webアプリケーションを作りたい

webアプリケーションとは、webサイトに、フォームや、SNSの機能など、アプリケーションとしての機能がついたものです。

例を挙げると、Facebookや、twitter(web)、また、ブログなどの管理機能も、webアプリケーションを作成することになります。

上の「webサイトを作りたい」で挙げたHTML,CSS,Javascriptに加えて、システムの動作を設計する言語、いわゆるバックエンドと呼ばれる言語を習得する必要があります。(HTML,CSSなどはフロントエンドと呼ばれる)

1.PHP

PHPは、HTMLに埋め込んで使うことができる、スクリプト言語と呼ばれる言語で、データベースと連携した処理を簡単に開発できる、webアプリケーション開発に特化した言語です。

ユーザーがwebサイト上で打ち込んだ情報を元に、PHPがデータベースと連携し、その結果をwebサイトに表示させる、など「動的」な処理を開発できます。

学習コストが低く、ググればいくらでも情報が出て来るため、現在の7割のwebサービスがPHPを使って開発されている、と言われているほど人気です。

学びやすく書きやすい半面、webに対する知識が無いと、セキュリティに脆弱性が出てしまうことも。

PHPの学び方

PHPも、Progateで実際に書きながら勉強することができます。

「いますぐ書き始められる」というところに注目すると、Progateはかなりオススメです。

ProgateのPHP学習コース