英語でスローガン作成!【注意すべきポイント3つと最高のスローガン16選】

こんにちは、セブ島からお届けしております。Kuniyoshiです。

いやぁ、スローガンの時期ですね。(?)

英語のスローガンってカッコイイですよね。

しかし、英語でスローガンを作る際に、注意してほしいポイントがいくつかあります。

ということで。今回は、スローガンを作る際に気をつけたい表現と、シンプルでイケてる、カッコいい企業のスローガンをご紹介します。

 

スローガンを作る前に気をつける表現

「let’s 」や「play」や「yummy」の様に、非常に子供っぽいと思われる単語や、表現があります。

特に、「let’s」はよく出ますよね。スローガンっぽいですもんね。

単純で分かりやすいスローガンもいいですが、子供っぽい表現になっていないか注意です。

 

「焦点がどこに当たっているか」に気をつける

例えば、「I’m interesting」と「I’m interested」の違いの様に、どこに焦点が当たっているかを理解しないと、変なスローガンになってしまいます。

ちなみに、「I’m interesting」は「私は興味深い人間だ」という意味です。

「面白かった」「面白いと思う」と言いたい時に「I’m interesting」を使ってしまうと、おかしなことになります。

 

意外と多い、スラングに気をつける

また、スローガンに使いたい単語に、別の意味がないか調べる必要があります。

まったくそんな気が無いのに、ものすごく怪しいスローガンになっていたり、卑猥なスローガンになっている、という事態を避ける為に、スラングには気をつけましょう。

僕の知り合いが、観光客に向けたアプリを作った際に、アプリ名を「tripper/トリッパー」という名前にしていました。

彼は後から気がついたのですが、「tripper」という言葉、「ヤク中」という意味があるのです。

「trip」は「キマってる」という意味です。どこに旅立っているのでしょうか。

 

そのほかにも、様々な単語に裏の意味や、スラング表現があります。

最近僕が知ったのは、「breezy/爽やかな風」に「尻軽な女」という意味があったり、「Crystal/水晶」に「覚せい剤」という意味があったり、「green/緑」に「大麻」という意味があったり、「magic/マジック」に「MDMA」という意味があったり…(薬物ばっかり)

とにかく、「スローガンにこの単語使いたい!」と思ったら一度調べてみましょう。

逆に、学校のイベント(体育祭など)ごとのスローガンであれば、流行りのスラングを使ってみても面白いかもしれません。

「Be 〇〇」とか使うとスローガンっぽくなります。また、短いフレーズを3つ並べるのもスローガンらしいですよね。

 

有名企業のスローガン16選

例として、有名企業のスローガンをご紹介します。

完全に僕の好みで選んでいるので、シンプルなスローガン&自動車・二輪産業多めです。ご容赦ください。

Apple「Think Different」

Appleはスローガンもシンプル。

Windowsを購入しようとしている顧客に向けたメッセージだとかなんとか。

 

BMW「The Ultimate Driving Machine」

「Ultimate/究極」という意味です。

究極のドライビングマシーンを作ってるよ、というスローガンですね。

Author Profile

kuniyoshi
kuniyoshi
沖縄県出身、工業高校卒業後、すぐにNexSeedにて半年間のエンジニア留学へ。留学開始1ヶ月半でインターン生としてジョイン、NexSeedの社風、未来、ビジョンに魅力を感じ、エンジニア留学卒業と同時に入社、NexSeed史上初の新卒社員。

Twitterアカウント:@92441K