世界55か国を旅したWebマーケターがエンジニア留学を決意した理由。

みなさん、こんにちは。インターン生のロッキーです。

NexSeedのエンジニア留学生は、将来フリーランスで活躍したい人やキャリアアップのためにプログラミングを学びたい人など、皆さんそれぞれ違う目的を持っています。

毎晩遅くまで予習・復習を欠かさずこなし、休日もカフェなどで勉強している彼らの姿をよく見かけます。

今回は、大手フィットネス会社でWebマーケティングを担当し、現在はNexSeedエンジニア留学Web開発コースを受講している金井裕司(Kanai Yuji)さんにインタビューしました。

長年勤めていた会社を辞職し、なぜエンジニア留学を決意したのか。その先の目標は何なのか。

また、金井さんは旅が趣味でこれまで世界55か国を訪れているそうです。

留学についてだけでなく、色んな国を見てきた金井さんが感じたことについてもお話を伺いました。

 

エンジニア留学の3つの目的

ロッキー:金井さんはWebマーケティングを担当していたとお聞きしましたが、どんな業務をしていたのですか?

金井さん:ECサイト(ネットショップ)の集客とマーケティング、それから広告やWebページのクリエイティブを担当してました。

前の会社は凄くアグレッシブで、本人が希望すれば他の仕事をすることもできたんだけど、僕はもともと人を動かす仕組みを作るのが好きで「どうやったら人って動くんだろう?自社のサービスに魅力を感じるんだろう?」っていうのを常に考えていて、それを企画するのがとにかく楽しかったですね。

ロッキー:ありがとうございます。今回のエンジニア留学は大きな決断だと思うのですが、動機は何だったんですか?

金井さん:大きく3つの目的があります。

1つ目。前の会社が大きく成長して行く中で、巷で有名な人たちが入社してくるようになり焦りを感じていました。

「このままでいいのか?」と悩んだ末に出した結論が、1つの分野のプロフェッショナルになること。

これまでWebデザインに携わっていたからHTMLやCSSなどフロントエンド言語の知識はありましたが、PHPなどの動的な処理ができる言語は未経験でした。

マーケの仕事でエンジニアチームと共同する時も、専門的な話になるとついて行けないことが多くて、僕の立場はディレクションだったのでエンジニアへは基本的にアウトソーシングするという流れだったんですけど、彼らと同じ知識を身につけたうえでそれを提案できれば、よりマーケッターとして高みを目指せると思いました。

2つ目に、英語の上達。海外を旅するのが好きだから自然と英語を使う機会も多かったんですけど、これまで簡単なやり取りだけで深い話はできずにいました。自分のライフワークをもっと充実したものにさせるために英語を学びたかったんです。

世界遺産を見て回るのが好きなので、現地でその歴史に触れるときにも英語が必須ですね。

最後に、前の会社が自己投資産業だったこともあり、NexSeedのような教育分野の自己投資産業に興味があったこと。

海外でITと英語が学べる環境、実際に来てみると留学生もみんな高いモチベーションを持っているし、凄いバックグラウンドを持っている人もいる。今後、自分がマーケッターとして活動するうえで彼らのような人たちがターゲットになり得るかもしれない。

そんな環境で学ぶ立場になってNexSeedのビジネススキームを体感したいという思いが強かったんです。

実を言うとNexSeed以外にも2社ほどフィリピンでIT留学を検討していたんですけど、カウンセリングしていただいた小向さん(※NexSeedスタッフ)の対応が素晴らしく、何でも包み隠さず答えてくれる誠実さが学校を選ぶ決め手になりました。

 

講師のレベルの高さに驚いた

3mrkanai

ロッキー:実際にWeb開発コースで3ヶ月間プログラミングを学んだ感想はいかがですか?

金井さん:一言でいうと講師が最高でした(笑)

Web開発コース受講者全員に1人で教えるのは大変だと思うのですが、個々のレベルを把握したうえで、遅れている人にきちんと授業を合わせつつ、理解できている人へのフォローも完璧でした。かつ、生徒とのコミュニケーションも大切にしていて、人望も厚い先生でした。

授業では、チームを組んでWebサービスを開発したことでこれまではできなかった動的なWebサービスを開発するスキルを身につけました。

ロッキー:エンジニアの先生はよく生徒さんとご飯に行ったりしてて、プライベートでも交流していましたね。開発したサービスについて詳しくお聞きしてもよろしいですか?

金井さん:自分が暇な時に、同じように暇している知り合いと「最速で」マッチングできるサービスです。その人が今何をしたくて暇なのか一目でわかるようになっていて、例えば、飲み仲間を探したりするのに便利かなと。サービス名が「はい合致~」です。

「最速で」「暇な時間の機会損失をなくす」、これがこのサービスの強みです。

ロッキー:既存のSNSにないサービスですね!ぜひ使ってみたいです。