セブ島留学でステップアップ!卒業後はヨーロッパへ | セブ島留学生日記Vol.4


こんにちは、インターン生のRockyです。

インターン生として、また、私自身の興味もあり、NexSeedに留学に来た生徒さんに目的や成果を伺うためにインタビューをしています。

今回インタビューにご協力いただいたのは、2か月間NexSeedに留学して英語を学んだ井上忠一(Inoue Tadakazu)さんです。

私と忠一さんはNexSeedに来た時期も近く、休日はよく食事に出かけたり観光したりとても仲良くさせていただいています。

父親が日本人で、母親が韓国人の忠一さんは現在韓国の大学で神学を専攻しています。韓国語は堪能な忠一さんは大学のプログラムでカナダでインターンとして4か月ほど働きましたが、思うような英語の上達ができなかったそうです。

そんな忠一さんが、なぜ留学先にフィリピン・NexSeedを選択したのか、そして英語は上達できたのか?インタビュー開始です!

 

Q 海外経験が豊富と伺っていますがこれまでに何か国を訪れましたか?

忠一さん 全部で11か国です。ほとんどが観光ではなくてボランティアです。高校卒業後、韓国の大学に入学する前に語学院に1年通って、そのあと、海外拠点の奉仕団体で1年間活動していました。その一環でフィリピンやヨーロッパ数か国を訪れました。

Rocky 奉仕団体ではどんな活動をしたんですか?

忠一さん まずは韓国を拠点に募金をして資金を集めました。バスの中とかでもやっていましたね。資金を得たら、海外で貧しい地域の人たちの支援活動をしていました。

 

Q カナダでのインターンではどんなことをしましたか?英語は上達できましたか?

忠一さん もともと、ずっと英語を勉強して海外に出たいって思いがあったんですけど、なかなかそれを行動に移すことができなくて。

大学を卒業してしまったら、そういった自分のやりたいことができないかもしれないから、インターンを決意しました。大学の専攻が神学だから教会でインターンをしていました。

4か月間、英語圏でしっかり英語を学ぶつもりだったんですけど、大学のプログラムで行ったこともあって周りに韓国人がとても多い環境だったんですね。だからつい韓国語を話す機会も増えてしまって、ほとんど英語が上達できずに終わってしまいました。

スクリーンショット 2017-11-21 10.51.47

Q NexSeedの英語留学を選んだきっかけを教えてください。

忠一さん 大学にいるときからからFacebookでNexSeedの広告もよく見ていたので存在は知ってました。

そのときは、英語とプログラミングが学べるのか、魅力的だなーくらいでしたね(笑)

カナダでのインターンを終えたあと、大学に戻るまでかなりの期間があるから留学しようと考えているときに、いくつか語学学校を調べると同時に改めてNexSeedについても調べました。

そのままカウンセリングを受けたら、寮の綺麗さやマンツーマンクラス中心で受けられること、ネイティブ圏と比べてかなり低価格であることなど自分の望む環境とすごくマッチしていたので、留学を決めました。

 

Q NexSeedの授業やカリキュラムはどうでしたか?

忠一さん 授業がすごくスピーキングを重視していて驚きました。ほとんど1日中話しているくらい。結局自分の姿勢が一番大事だと思うけど、スピーキングって英語力全体のアベレージをあげてくれると思っていて。

例えば正しい文法で話そうと思ったら、その勉強をしなきゃいけないし、単語をもっと知っておかないと言いたいことを正確に伝えられない。スピーキングの勉強で英語力全体が伸びていると実感できました。NexSeedのカリキュラムはとても気に入っています。

Rocky NexSeedのエクスペリエンスクラスはどうでしたか?

忠一さん NexSeedを調べているときにずっと気になっていたんですよ、エクスペリエンスクラス。

実際にフィリピンの文化を身近に感じることができました。スラムエリアとかって日本にはないし、フィリピンに来ても自分で行く機会ってなかなかできないので、とてもいい体験ができました。