Swiftとは?Swiftの特徴4つを現役エンジニア講師が噛み砕いて説明!


こんにちは。NexSeedエンジニア留学講師一戸です。えりてぃと呼ばれています。

今回はプログラミング言語Swiftをご紹介したいと思います。

Swiftとは2014年にできたばかりの新しいプログラミング言語でiOSアプリはもちろん、Macアプリ、その他アップル製品用アプリの開発に使用でき、今後他のデバイス用のアプリも開発できるのではと囁かれている注目度の高いプログラミング言語です。

以前はObjective-Cという言語が使用されていたのですが、2014年のWWDCにて華々しく発表されました。

こちらがその時の動画です。

アップルはSwiftの発表に際して「モダン、安全、高速、インタラクティブ」を大きな特徴として挙げてきました。この特徴をObjective-CとSwiftどちらの開発経験もある立場から一つ一つ解説していきたいと思います。

 

モダン

shopping-mall-1316787_640

ぶっちゃけいうとObjective-Cが独特すぎました。C言語の変化球のような文法です。

きっと深夜のノリでスティーブ・ジョブズたちが「これかっこいいんじゃね?」って言いながら作ったんじゃないでしょうか。

真実はわかりませんが私はそう思っています。

というぐらい他に似ている書き方の言語がありません。初めて見たときには「むむむ!」と思いました。それまで色々な開発言語を10以上見てきた私ですがそのどれとも違っていました。覚えるまでが辛かった記憶があります。

そんなわけでObjective-C、エンジニアに不人気でした。これはたくさんアプリを作って欲しいApple側から見ると非常に大きな問題だったと思います。

そこでJavascript,C#,Scalaなど人気のプログラミング言語から良い部分を抽出し開発したと言われています。

個人的な使い勝手としてはJavascriptに似てる印象です。C#もちょっとやったことがあるのですが、似たところが部分的にあるように感じます。enumとか構造体ぽいですし。

 

安全

cctv-2596537_640

以前は、プログラミングしている人自身が気をつけないとクラッシュして落ちるという処理が「書けてしまう」現状があったのに対し、既存のプログラミング言語において記述ミスによるバグが発生しやすかった部分を文法的に解決している所がSwiftの「安全」なる所以なのだと思います。

プログラマが気をつけなくても、クラッシュしそうな記述を、文法としてNGにしちゃえばいいじゃん、という発想です。

言ってみると当たり前ですが、かなり画期的な仕組みだと思います。

プログラム書く人からしたら、車がマニュアル車からちょっと自動運転できるようになった、ぐらいの違いがあります。良くなりました。うれしい。

Author Profile

IchinoheEriko
IchinoheEriko
ニュージーランド・オーストラリアを経てセブ島にやってきた、世界を飛び回るベテラン女性エンジニア。インターネット創世期よりWebサイト製作を経験。小売業販促アイテム印刷システム「ipopweb」の立ち上げに企画時から参画し、DB 設計・プログラミング 開発を担当しリリース。業務システムエンハンスやポータルサイトのリニューアル開発、運営、保守も多数手がける。OracleMaster保持者。PHP、JavaScriptを始め15以上の言語使用経験を持つ。茨城大学工学部システム工学科卒。