就活生にプログラミングをオススメする5つの理由

こんにちは!NexSeed エンジニア講師一戸です。えりてぃと呼ばれています。

今回は就職活動を頑張っている大学生の皆様へプログラミングをおすすめする理由を紹介したいと思います。

正直、プログラミングを学ばなくとも就職活動を成功させる道はたくさんあると思います。

しかし、プログラミングを勉強したことにより得られるメリットも少なからずあるのは確かです。

 

1.ロジカルシンキングが身につく

就職活動をしていると「Aという問題に対し、貴方はどういうアプローチを取りますか?」といったようなケーススタディ的な質問をされることがあります。

プログラミングを勉強していると、IF文などの制御文を使用するために、◯◯の場合は、Xという挙動をし、△△という場合はYという挙動をするというようなことを自分でどんどん考えていく必要があります。

Aという問題を解決するためにはBという結果を導き出したく、そこに至るには、、というように理路整然とした思考をした上で相手に説明することができます。

質問をした側にも意図が伝わりやすく、知的さをアピールすることができるでしょう。

 

2.Achievement(成功体験)を得られる

プログラミングを学ぶことにより、成果物も幾つかできていくはずです。

なぜなら「何かを作る」という目的をもつことが一番プログラミング学習にとって効率的な学習方法だからです。

それらの成果物を作り上げるときにUI(ユーザーインターフェース)を考慮したり、マーケティングに於けるターゲットを決めたり、マネタイズを考えたりもするはずです。

そうして生み出したものはたとえそれが出来上がった当初はただのプロトタイプであっても、自分の、一つのサービスを作り上げたという成功体験に変わりはありません。アピールするのに大いに役立つと思います。

自分の経験で言うとプログラミングの書き方については学校で勉強していたのですが、「これを覚えることによって何ができるのか」というイメージが全くできておらず、残念ながら一番初めにC言語などを勉強していた時は少しも身につきませんでした。

HTMLなど見た目があるものから始めてモチベーションを高め作る楽しみや出来上がったもののイメージをもって制作にあたると楽しく成功体験を得られるでしょう。

 

3.打たれ強くなる

これも成果物ができることにつながっているのですが、プログラミングは慣れるまでエラーの嵐です。途中投げ出したくなることもしばしば。

そこをしっかりエラーメッセージを確認し着実にエラーを解消していく経験を積むことで、どんな困難にも立ち向かう強さを身につけることが可能です。プログラミングのエラーは実際の人生での問題より解決方法を見つけるのは簡単です。

着実に一つづつ解決方法を見つけていける力は必ず就活でも武器になるはずです。

 

4.ITリテラシーが高くなる

プログラミングを学習することにより様々なツールの使い方や便利な機能を知るなど、ITに対しての理解は学習前より格段にアップします。

特にトレンドなツールの使い方を知っていることは採用側からみると「学習意欲が高い」「即戦力」「新しい技術に対する意識が高い」などのイメージを持ちやすいです。

またITの専門用語は難しいものが多く、それらの意味を調べて把握していたり、意味はわからずとも知っているだけでも「ITの話ができる人」という印象をもたれやすくなるでしょう。

特にITエンジニアになりたい方や、ブリッジSEを目指している人などはIT専門用語の知識は必須となってきます。

これもHTML,PHPなど利用者が多いものから始めると共通認識を得られやすくなり理解されやすくなるでしょう。ニッチなプログラミング言語も良いのですが、なかなか具体的にやってきたことを認識してもらえるのが難しくなってくるため、就活には一般的な言語を習得するのがおすすめです。

PHP,Ruby,Visual Basicなどは比較的理解しやすく開発者人口も多いので話をわかってくれる人に出会いやすいです。

 

5.質問力を高められる

独学の場合、サポートBBSなどに質問を書いたりすることも多くなると思います。

また、周りに経験者がおりその人に質問することもしばしば機会としてあるかと思います。そんなとき、まとまりのない説明や具体的に困っていることを伝えられない場合、自分の欲しい回答を得られない事がよくあります。

自分の欲しい回答を得るには必然的に質問する力をUPさせる事が重要になってきます。面接の際にも「なにか質問はありませんか」と必ず最後に尋ねられると思います。面接のマニュアルにもあるようにその際「特に何もありません」で終わってしまうと印象はあまり良くありません。

プログラミング学習を通して質問力を高め面接の最後にも好印象を与えましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

NexSeedで卒業された方の中にも一部上場企業の総合職に内定された方や海外のインターンに合格された方、新卒で海外就職に成功されている方など多数いらっしゃいます。プログラミング学習がこれらの成功の一助となったのではないかと考えられます。

プログラミングはただITに強くなるだけではありません。学習を通し自己の成長を促すことが可能です。

是非この機会にプログラミングデビューして頂けると幸いです。

Author Profile

IchinoheEriko
IchinoheEriko
ニュージーランド・オーストラリアを経てセブ島にやってきた、世界を飛び回るベテラン女性エンジニア。インターネット創世期よりWebサイト製作を経験。小売業販促アイテム印刷システム「ipopweb」の立ち上げに企画時から参画し、DB 設計・プログラミング 開発を担当しリリース。業務システムエンハンスやポータルサイトのリニューアル開発、運営、保守も多数手がける。OracleMaster保持者。PHP、JavaScriptを始め15以上の言語使用経験を持つ。茨城大学工学部システム工学科卒。