「教える」の様々な英語表現5選!使い分け方は語源から理解する


前回の記事に引き続き、今回は、「教える」という言葉の英語表現と、様々な単語の使い分けかた、含まれるニュアンスをご紹介いたします。

やはり、英語と日本語ですと、含まれるニュアンスが語源により違います。

それぞれの語源を知るとより理解が深まり、どの単語をどのタイミングで使い分けるべきなのかが、明確になります。

それでは、様々な「教える」の英語表現をご紹介いたします。

 

「教える」の英語表現 | Teach

「Teach」は、専門的な知識や学問や技術を教える際に使われる表現です。

語源は、古英語 tæcan(指し示す,明らかにする)という言葉で、教えるというニュアンス以外にも、明らかにする、という意味が含まれていることがわかります。

「知識や学問、技術を明らかにする、伝える」という行動を指し示す言葉です。

Can you teach me math?「数学を教えてくれませんか?」

He teaches English at a ESL.「彼は語学学校で英語を教えています」
習慣や、反復は現在形で表現します。

He taught English to me「彼は私に英語を教えてくれました」

 

「教える」の英語表現 | Show

同じく情報を伝えたり、知識を伝える際に使われる表現ですが、実際にやり方、使い方など方法を見せる、実践して見せる、というニュアンスが含まれます。

語源は、古英語のscēawianで、人前で見せる、指し示すという意味の言葉です。

なので、「行き方を教える/案内する」「機械の使い方などを教える」という目に見える形で教えるという場面では、Showが使われます。

Can you show me how to do it?「やり方を教えてくれませんか」

I’ll show you「教えます/案内します」

 

「教える」の英語表現 | Tell

情報を伝えるときに使われる「教える」という意味の単語です。

他の単語との違いは、「口頭で説明する」という意味を含んでいることです。

特に実践して見せる、という意味は含んでいませんので、「Show」の様に、1つだけで「実践する」というニュアンスは伝えられません。

また、語源は古英語の「tellan」という単語で、「1つ1つ数えて伝える」という意味が含まれています。

「tell」には「分かる」という意味もあるので、「自分が知っていることを相手に伝える」というニュアンスの表現です。

Can you tell me your number?「電話番号を教えてくれませんか」

I’ll tell you「教えます/伝えます」

 

「教える」の英語表現 | instruct

専門的な分野について指導する、指示するという意味の「教える」の英語表現です。

語源は「stru-」や「struct-」という言葉で、意味は、積み重ねる、建てるという意味なので、「instruct」は「一つ一つ指導し、技術や情報を系統立てて教える」という意味があります。

Please instruct me on what I should do.「どうすべきか教えてください」

I will instruct you when to start.「いつ出発すべきか教える」

 

「教える」の英語表現 | educate

時間をかけて、知識、教養を与え、育てる、という意味の「教える」で、日本語ですと「教育」にあたります。

長時間にわたって人の能力を引き出し、発達させる、という意味を持ちます。

語源は、educereというラテン語で、「導く、同伴する」という意味の単語です。「Duc」には導く、という意味があり、「能力を導き出す」という意味が伺えます。

educate the mind of a child「子どもの知能を育てる」

 

まとめ

いかがでしたか?

このように、使い分けに疑問を抱いた場合は、語源から調べてみると、意味が明確に分かれています。

楽しいですし、記憶に残りやすいので、ただの暗記では物足りない方にオススメです!

english-banner

Author Profile

シードくん
シードくん
ネクシードの広報担当。フィリピン・セブ島の魅力や、フィリピン留学の良さ、ネクシードでの留学生活の様子を伝えるのがお仕事。