旅行に行く前に知っておきたい英語表現と困った時に使える簡単表現


せっかく旅行へ出掛けるなら、旅先で使いそうな英会話表現だけではなく、その前についでに、その旅行についての説明も英語でできるように、まとめて学習しておきましょう。

「旅行の説明」は直訳するよりも、品詞を意識した定形表現を覚えることで、簡単にできるようになります。

 

「旅行」を名詞でも動詞でも使いこなす

「旅行」という意味の英単語には「travel」と「trip」があります。この二つについては品詞の違いを理解し、正しく使い分ける必要があります。特に、日本語を英語へ直訳する時には注意しましょう。

旅行へいく(動詞)

まずは「旅行へ行く」という動詞表現です。「旅行へ行く」と日本語で表現すると、「旅行(travel)」と「行く(go)」の二つの単語に分けてしまいがちですが、「旅行へ行く」は「旅行をする(to travel)」という動詞一語で済ませることができます。

・I will travel to Europe.
「ヨーロッパへ旅行に行きます」

・Next month I’ll travel around some countries in East Asia.
「来週、東南アジアを何か国か回る旅行に行ってきます」

 

旅行(名詞)

次に、「旅行」という名詞表現です。名詞は「trip」を使います。「school trip(遠足、修学旅行)」などでもお馴染みですが、「trip」単独でもよく使われます。
・Can you take care of my cats during my trip?
「旅行の間、猫の面倒みてもらうことできる?」

・I’m already so excited about the trip next month.
「来月の旅行が、今から楽しみです」

この「trip」を使って「旅行へ行く」と表現する場合に組み合わせる動詞は「to go on」で、あわせて「to go on a trip」と表現します。

・I will go on a trip to Kyoto for three days.
「三日ほど京都へ旅行に行きます」

 

旅行じゃなくても使える「to travel」(動詞)

「to travel(動詞)」には「移動する」という意味もあるので、注意しましょう。「今日はどうやってここまで来たの?」というような交通手段に関する会話で「to travel」が使われることもあります。

・How did your travel here? By bus?
「ここへはどうやってきたの?バス?」

・Do you mean I have to travel all the way by myself? Can’t anybody pick me up?
「わざわざ自分で行かないといけないってこと?誰か迎えに来てくれる人いないの?」

 

旅行へ行った時に、必要なことを的確に伝えるための英語表現

旅行は楽しむために行くものですが、それを叶えるためには最低限、したいことができて必要なものが揃っていなくてはなりません。旅行中に使える表現の中でもまず、困った時などに要望を伝える英語が一番大切です。

ホテル

ホテルの設備の不具合を訴える英語です。「work(効く、ちゃんと動く、作動する)」は何にでも使えとても便利な言葉なので是非覚えておきましょう。少々意味がずれても「ちゃんと機能していない」ことがうまく伝わる、マジックワードです。

The heater is not working.
「ヒーターが効いていません」(シャワー、トイレ、冷蔵庫、テレビ、など何を主語に置き換えても通じます)

 

レストラン

「注文した料理が運ばれてこない」「注文していないものが運ばれた」などレストランで困った時も、単純明快に「これは頼んでいない」「これは私達のじゃない」と短く簡単な英語で伝えればOKです。

「Can you…?」などと丁寧な言い方にする必要はなく、文の構造が複雑になりうまく組み立てるのも難しくなります。最初に、「Excuse me.」と、最後に「Thank you.」を軽くつけ加えれば、スマートに要望を伝えられます。

・Excuse me, we ordered food 30 minutes ago. It’s not here yet
「すみません、私達、30分前に注文しました。でもまだ来ません(まだここにありません)」

・Excuse me, we ordered salad and we don’t have it yet. Check it, please. Thank you.
「すみません、サラダを注文したけどまだ来ていません(まだ持っていません)。確認してください。ありがとう」

・Oh, this is not for us.
「あら、これ私達の注文したもんじゃないわ(これは私達のものじゃないわ)」

・We didn’t order this, Check the list, thank you.
「これ、頼んでませんよ。確認してください。ありがとう」

・I need extra knife, thank you.
「ナイフをもう一本ください(ナイフがもう一本必要です)。ありがとう」

・Excuse me, change this plate, please. Thank you.
「すみません、このお皿をかえてください。ありがとう」(お皿を見せるしぐさと共に)