「頑張ります」英語で正しく表現できますか?


「頑張ります」状況によって使い分けられてますか?

日本語の「頑張ります」って便利な単語だと思いませんか。どんな場面でも、日本語の「頑張ります」という表現は使えます。ただ、状況によって、ニュアンスが少しづつ違います。

もちろん、英語でも、シチュエーションによって、いくつか表現があります。状況に合わせて使い分けて、英語での表現力をアップさせましょう。

 

 

定番の「頑張ります」英語表現

覚えやすい、使いやすい「頑張ります」の英語表現をご紹介いたします。

I’ll try(頑張ります)

頑張ってみます、努力します、というニュアンスです。
自信たっぷりの「頑張ります!」というよりは、「頑張ってみます」「やってみます」という表現に近いです。

むちゃぶりされたときに使ってみましょう。

 

I’ll try my best(頑張ります)

I’ll do my best(頑張ります)

上の2つが最も日本語の「頑張ります」に近いニュアンスの文です。

どちらも、ベストを尽くす、というニュアンスに見えますが、「do my best」よりも、「try my best」の方が比較的軽い「頑張ります」というニュアンスで使われることもあります。

なので、もし職場で「新しい仕事を任された」という場合、上の3つよりも、

I will do it(やります)

の方が決意が伝わります。

 

 

本気で「頑張ります」英語表現

次は本気で頑張ってみましょう。絶対達成します、という場面で使える英語表現です。

I’ll give it my best shot(一生懸命やります)

全力を尽くす、といった意味の「頑張ります」の表現です。「it」は、挑戦する内容を指し示しています。

また、「give it a shot」には、「挑戦する」という意味があります。なので、新しいことを任された場面で最適な表現です。

 

I’ll put all my effort(努力を尽くします)

「effort」が「努力」という意味の単語です。「put all」ということで、努力を尽くす、つぎ込む、といったニュアンスになります。

 

I’ll make my best effort(最大限努力を尽くします)

こちらも、努力を尽くす、という意味です。

「出来る限りのことをする」といったニュアンスのフレーズです。ですが、少し諦めている雰囲気がある言い方、と捉えられることもあります。

 

I’ll work hard(一生懸命頑張ります)

ネイティブがよく使う「頑張ります」フレーズの1つです。

目標・夢に向かって、一生懸命頑張るという強い意思や、真剣な気持ちを伝えるフレーズです。

 

I’ll give it everything I’ve got(最善を尽くします)

少し長いですが、ネイティブがよく使う「最善を尽くす、頑張ります」という表現です。

 

続きを読む