様々な「勝つ」「勝利」を意味する英語表現5選!それぞれの意味の違いとは?


あなたは、「勝つ」「勝利」の英語表現をご存知ですか?

もちろん、「win」や「beat」がパッと思いつくかと思いますが、その使い分け方に困る、という方も多いのではないでしょうか。

今回は、「勝つ」や「勝利」の英語表現と、使い分けや、単語ごとの意味の違いについてご紹介します。

 

様々な「勝つ」「勝利」の英語表現5つと、その違い

win

競争に「勝つ」という意味の英語表現です。

競争なので、スポーツ以外にも、選挙や、コンペに勝つ、という意味でもこのフレーズが使われます。

また、「win」は、「勝ちとる」「勝利を得る」というニュアンスの単語で、「〇〇を得る」ことに焦点を置いた単語と言えます。

なので、「win」の後に対戦相手の情報をつけると、意味がおかしくなってしまうので、対戦相手を説明する場合は、「against」を挟まないといけません。

who do you think will win?「誰が勝つと思いますか?」

The world boxing champion won against his challenger.「ボクシング世界チャンピオンが挑戦者に勝ちました」

 

beat

「相手を打ち負かす」という意味の英語表現です。

「win」よりずっと砕けた表現です。

「win」とは違い、「打ち負かす」なので、相手の情報を付け加えないと伝わりません。

I will beat you「凹るぞ」

友達に使うと、こんな意味になります。

 

defeat

「beat」と同じ意味で使われる表現です。

違いはほとんどありませんが、「defeat」には、一時的に勝った、というニュアンスが含まれます。

 

overwhelm

「圧倒」「圧勝」という意味の表現で、ニュースのタイトルなどによく使われるフォーマルな表現です。

数や量に圧倒されるイメージです。

また、感情に押し流される、圧倒される、という表現にも使われます。

overwhelm by using great force「強い力で圧倒する」

 

trounce

こちらも、フォーマルな「圧勝」の表現です。

また、動詞として、人をボコボコに殴る、という意味もあります。

圧勝するイメージが湧きますよね。

Brazil trounced Italy 5-1 in the final.「決勝戦でブラジルはイタリアに5-1で圧勝した」

 

まとめ

いかがでしたか?

「勝つ」というシンプルな単語でも、様々な単語、表現があるので、是非覚えて、使ってみて下さい。

また、使い分けに困った場合は、その単語の語源まで遡ったり、含まれる根底のニュアンスを調べると、理解が進みますよ!

english-banner