カテゴリー別アーカイブ: iOS

【iOSアプリ開発】SampleMapKit作成手順

今回はMapKitを使ったサンプルの作成手順をご紹介いたします。

以前のブログ記事、iOSアプリ開発の強い味方、cocoapodsを使いこなそう!で紹介したライブラリJPSThumbnailAnnotationを使う前提として地図を表示するためにMapKitというフレームワークを使用し、地図を表示させる必要があります。

※JPSThumbnailAnnotationを使うとこんな見た目のサムネイル付きピンが作れます
スクリーンショット 2015-01-30 14.30.37

今回、MapKitを使った地図アプリを作成後、上記の記事を読んで頂きライブラリを追加後に、是非ピンのカスタマイズを行ってみてください♪

それではMapKitを使ったサンプルの手順になります。

前提

SingleViewApplicationを選択して作成したプロジェクトであること

1.プロジェクトにMapKitフレームワークを追加

左のツリー表示から青いプロジェクトファイルを選択
Linked Frameworks and Librariesにて『+』ボタンをクリック
現れたウィンドウ上の検索パネルで「MapKit」と検索し、Addボタンで追加

mapkitf

2.ViewController.h に 2点追加

  • #import <MapKit/MapKit.h>
  • <MKMapViewDelegate>

こんな形になります。

3-1.ViewDidLoadにMapKitオブジェクト作成

3-2.ViewDidLoad内で追加したMapKitオブジェクトの中心座標を設定

3-3.ViewDidLoad内で追加したMapKitオブジェクトの地図縮尺を設定

3-4.ViewDidLoad内で追加したMapKitオブジェクトの表示タイプを設定(ピンも1つたてておく)

4.ピンを立てる自作メソッドを作成(ViewDidLoadメソッドの下)

5.自作メソッドを呼び出してピンオブジェクトを作成、ピンを立てる

6.(おまけ)ピンが降ってくるアニメーションを実装したい場合、Delegateメソッドを追加

7.(おまけ)ピンの吹き出しに乗っているinformationボタンをタップした時発動されるメソッドを追加(実際は画面遷移などのコードを書くとよし

操作する対象が動いている場合(今回は落下しているアニメーション)、ユーザーは押したくなるという心理が働き、自然と効果的なUXを提供できるという効果が生まれます。落下させなくてもピンは操作できますが、その一手間を加えるだけでグッと初心者が作ったアプリという印象から抜け出すことが出来ます。なのでおまけの部分はより高い操作性をユーザーに提供したい場合に利用していただくと効果的です。

【iOSアプリ開発】SampleiAd作成手順

現在開発中のiOSアプリに広告を入れようとする際、その方法やメディエーションはいくつか選択肢があります。

その中でもApple純正メディエーションiAdの導入方法を今回はご紹介したいと思います。

iAdって何?と思われた方は下記リンクを御覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/IAd

  • 前提:SingleViewApplicationを選択して作成したプロジェクトであること

1.プロジェクトにiAdフレームワークを追加

  • 左のツリー表示から青いプロジェクトファイルを選択
  • Linked Frameworks and Librariesにて『+』ボタンをクリック
  • 現れたウィンドウ上の検索パネル「iAd」と検索し、Addボタンで追加

72c6f80e-1d2e-d0c0-ceec-50afe7d5e8b8

2.ViewController.h に 2点追加

  • #import <iAd/iAd.h>
  • <ADBannerViewDelegate>

こんな形になります。

ViewController.h

3.メンバ変数 _adView を追加

ViewController.m

4.ViewDidLoadの中にバナーを画面上部に隠しておく形で設置するコードを記述

ViewController.m

5.バナー表示が成功したら発動するDelegateメソッドbannerViewDidLoadAdをViewDidLoad下に追加

ViewController.m

6.バナー表示が失敗した時に発動するDelegateメソッドdidFailToReceiveAdWithErrorもbannerViewDidLoadAd下に追加

ViewController.m

7.バナーが画面上に表示されているか否かを判別するフラグ_isVisibleをメンバ変数で用意

ViewController.m

8. viewDidLoadではまだバナー表示されていないためNOを設定しておく

ViewController.m

9. bannerViewDidLoadAdに_isVisibleを判別し、表示されていない時だけ表示する処理が実行されるようなif文を追加

  • 表示処理後は_isVisible = YESにセット
ViewController.m

10. didFailToReceiveAdWithErrorに_isVisibleを判別し、表示されている時だけ非表示にする処理が実行されるようなif文を追加

ViewController.m
スクリーンショット 2015-01-27 19.15.08

【iOSアプリ開発】iOSアプリ開発の強い味方、cocoapodsを使いこなそう!

iOS開発を行う際に、すでに偉大な先人のエンジニアたちからお力を借りたいなと思う時があります。例えば地図のピンをカスタマイズして写真が出たりしたら…もっとカッコイイアプリになるのになぁ〜と思うことはよくあると思います。そんなときに役立つのが「ライブラリ」。ライブラリを追加することで、便利な機能を機能単位でアプリに追加し使えるようになります。

今回はそのライブラリを追加するときに便利なツールcocoapodsの使い方を紹介させていただきたいと思います!

前提

  • sudo gem install cocoapods でcocoapodsを使えるようにインストールしておく
  • SampleAddLibraryという名前のプロジェクトを作成しておく
  • プロジェクト作成後はXcodeを閉じておく
  • 今回追加に使用するライブラリはJPSThumbnailAnnotation

【参考】

http://jpsim.com/JPSThumbnailAnnotation
http://cocoapods.org/

※JPSThumbnailAnnotationを使うとこんな見た目のサムネイル付きピンが作れます
スクリーンショット 2015-01-30 14.30.37

1.ターミナルでプロジェクトフォルダに移動(cdコマンドを使用)

今回はSampleAddLibraryというプロジェクトを作成したので、そのフォルダまで移動します。
(赤い下線の部分が打ち込んだコマンドです)

blog1

2.pod init コマンドを実行

blog2

3.Podfileができていることを確認(lsコマンド)

同じフォルダにさっきまではなかったPodfileというファイルが出来上がっています。
(2.の赤い楕円部分参照)

4.ライブラリのUsage等で指示されている内容を入力(nano Podfile)

nano Podfile

というコマンドを実行しテキストエディタモードにします。

今回追加するJPSThumbでは、

pod ‘JPSThumbnailAnnotation’

というテキストをPodfileに追加せよ、と指示が出ているので指示通りに記述します。

blog3

5.pod install コマンドを実行

下記のように画面にメッセージが出てきたらOKです。(エラーが出た場合、ネットの環境が悪いことが考えられるので時間を置いて再度pod installコマンドを実行してください)

blog4

6.プロジェクト名.xcworkspaceファイルができていることを確認

今回はSampleAddLibrary.xcworkspaceができているか確認します

blog5

次回からは、SampleAddLibrary.xcworkspaceをクリックしてプロジェクトを開くと、ライブラリの機能を使えるようになります。

【iOS, 申請】iOSアプリの申請プロセスPart4〜ソースコードアップロード〜

NexSeedではプログラミング初級者が3ヶ月で一つのアプリを開発してリリースできるよう、初級プログラマ向けのiOS開発コースを開講しており、アプリ申請サポートを行っています。
今回は、アプリ申請の最も肝となる、アプリのソースコードのアップロードプロセスについて、紹介させて頂きます。

iOS申請に関するその他事前準備

※ 今回のエントリでの作業を完了するためには、下記三記事のプロセスが完了している必要があります!!

Certificate, Provisioning等の申請前に必要な設定は下記

【iOS, 申請】iOSアプリの申請プロセスについてPart1 〜Certificationファイル準備編〜

【iOS, 申請】iOSアプリの申請プロセスについてPart2 〜Provisioningプロファイル準備編〜

iTunes Connectで必要となる登録情報に関しては下記

【iOS, 申請】iOSアプリの申請プロセスPart3〜iTunes Connect〜

リリース用アーカイブファイル作成準備

1. XCodeでプロジェクトを開く

今回リリースするアプリのプロジェクトをXCodeから開きます。
archive_00

2. プロジェクトのビルドバージョンをリリースへ変更

プロジェクトを開き、下記赤枠で強調している通りに、左カラムでプロジェクトを選択し、画面中央部左側でも「PROJECT > プロジェクト名」を選択肢、Useの部分で「Release」が選択されていることを確認します。

archive_01.png

3. ビルドセッティングタブへ移動

下記画像の赤枠で強調している通りに、「ビルドセッティング」のタブを選択し、中央部左上で「All」を選択します。

archive_02.png

4. Code Signingでリリース用のCode Singingを変更

Code Signingのセクションを探し、その中で「Release」用のCode Signの部分をクリックします。

archive_03.png

5. Code Singningでリリース用のCode Singningを変更

先に作成している、リリース用(Distribution用)のCertificationファイルを選択します。

archive_04.png

6. Code Singningでリリース用のCode Singningを変更

上記で選択をすると、下記のように画面が変更されます。

archive_05.png

7. Code Singningでリリース用のProvisioningプロファイルを変更

上記と同じCode Signingのセクションの最下部にある「Provisioning Profile」の項目の左側の「▼」を押下すると、サブメニューが二つ表示されるので、その中から「Release」部分への設定箇所をクリックします。

archive_06.png

8. Code Singningでリリース用のProvisioningプロファイルを変更

「Release」部分の設定箇所をクリックすると、作成しXCodeに登録済のProvisioningプロファイル一覧が表示されるので、今回のアプリリリース用に作成したプロビジョニングプロファイルを選択します。

archive_07.png
 

9. Code Singningでリリース用のProvisioningプロファイルを変更

下記のようにリリース用のプロビジョニングプロファイルが変更されます。

archive_08.png

ここまでで、アーカイブビルドの作成までの下準備が完了です。


リリース用アーカイブビルドの作成とアップロード

10. リリース用アーカイブビルドの作成

XCodeの上部メニューから「Product > Archive」を選択します。
ですが、実機を接続し、実機を選択していない状態だと「Archive」が選択できなくなっているので、実機を接続します。

archive_09.png

11. リリース用アーカイブビルドの作成

実機を接続し、XCode左上のビルドのターゲットとして実機が選択されている状態で、
再度上部メニューから「Product > Archive」を選択して、Archiveファイルを作成します。
※ キーチェーンへのアクセスについて何度か聞かれる可能性があるので、その際は「許可」をしてください。

archive_10.png

12. Organizerでvalidateを実行

Archiveビルドが作成されると、自動的に下記のOrganizerというウィンドウが開きます。
ここでまず、自身の作成したリリース用のビルドが申請上問題がないかをチェックするためにValidateを行います。
そのため、右側にある「Validate」ボタンを押します。

archive_11.png

13. Provisioningプロファイルの確認

Validateをする際に、今回利用しているProvisioning Profileの確認画面が表示されます。
通常は一アカウントしか持っていらっしゃらないと思うので、デフォルトで出てくるアカウントを選択した状態で「Choose」をクリックします。

archive_12.png

14. Validateするアプリを確認して実行

すると下記のようにValidate対象となるアプリビルドが表示されるので、確認して「Validate」ボタンを押してValidateを実行します。

archive_13.png

15. Validateの完了

正常にValidateが完了すれば、下記のような画面が表示されます。
表示を確認して右下の「Done」ボタンを押します。
※ 異常が合った場合はエラーメッセージが表示されるので、エラーメッセージをググるなどして、ソースコードの調整を行い再度バリデートを行って下さい。

archive_14.png

16. OrganizerからiTunes Connectへソースコードを送信

Validate終了後再度下記画面が表示されるので、今度は「Submit」を実行します。
SubmitをすることでApple側へソースコードを送信し、iTunes Connectから申請用のソースコードとして選択できるようになります。

archive_15.png

17. Provisioningプロファイルの確認

Validate時と同様、Provisioningプロファイルの確認が求められるので、
同様に確認をして問題がなければ「Choose」を押します。

archive_16.png

18. Submitするアプリを確認して送信

すると下記のように再度送信するアプリが表示されるので、確認して「Submit」ボタンを押下します。

archive_17.png

19. アプリのソースコードを送信

すると下記画面のようにアプリのソースコードのアップロードプロセス画面が表示されます。
アプリソースコード自体をまるっと送信しているので、このアップロードには少し時間がかかります。

archive_18.png

20. アプリソースコードの送信完了

送信完了すると、下記のように成功画面が表示されます。
右下の「Done」ボタンを押して、XCodeからの送信作業を完了します。

archive_19.png


iTunes Connectでソースコードを設定

21. iTunes Connectへ再度接続

必ずSafariから接続して下さい
SafariでiTunes Connectへ接続し、今回申請するアプリの申請情報登録ページヘと遷移し、
「ビルド」の項目の部分までスクロールします。
すると、アーカイブビルドをアップロードする前はなかった下記の「+」のボタンが表示されているので、それをクリックします。

archive_20.png

22. リリースするビルドを選択

すると下記のような画面が表示されます。

archive_21.png

23. リリースするビルドを選択

下記画面で、ラジオボタンから今回リリースするアプリのビルドを選択し、
右下の「終了」ボタンを押します。

archive_22.png

24. リリースするビルドの申請画面への反映を確認

すると、下記のように今回リリースするビルドとそのバージョンなどが申請情報登録ページに埋め込まれます。
下記のような画面になっていれば、アプリソースコードのアップロードと登録が完了です。

archive_23.png

まとめ

以上で、iPhoneアプリのソースコードのビルドの作成と、iTunes Connectへの登録プロセスが完了です。
別記事で確認したアプリ申請の詳細情報の登録が終わっていれば、本記事のアプリソースコードのアップロードが終われば、あとは最終申請ボタン押下と最終質問項目三点に答えればアプリ申請が完了となります。

次回記事で、最後の最後の申請項目について解説します。

itunes_connect_top

【iOS, 申請】iOSアプリの申請プロセスPart3〜iTunes Connect〜

NexSeedではプログラミング初級者が3ヶ月で一つのアプリを開発してリリースできるよう、初級プログラマ向けのiOS開発コースを開講しており、アプリ申請サポートを行っています。
今回は、アプリ申請時の申請画面とそこでの登録内容について紹介させて頂きます。

iTunes Connect設定項目

下記がアプリ申請の各設定項目です。
最低限赤枠で囲んでいる部分を登録すれば、アプリ申請を行うことができます。

1. iTunes Connectへログイン

必ずSafariから、下記URLにアクセスし、
iTunes Connectのトップページを開き、AppleID, パスワードを入力してログインします。

https://itunesconnect.apple.com

itunesconnect_top

2.アプリ登録画面へ遷移

アプリ申請をするため、左上の「マイApp」をクリックして、次のアプリ登録画面ヘ遷移します。

itunesconnect_02

3. 新規iOS Appの登録を開始

下記画面になるため、左上の「+」ボタンを押し、「新規iOS App」をクリックします。

itunesconnect_03

4. アプリ基本情報を登録

すると下記のようなページが表示されます。

itunesconnect_04

5. アプリ基本情報を登録して作成

入力項目を全て入力すると、右下の「作成」ボタンが有効になるので、「作成」ボタンを押して次のページヘ遷移します。

itunesconnect_05

6. アプリ詳細情報等録画面へ遷移

アプリの詳細情報登録ページに遷移します。

この段階では「提出準備中」のステータスになっており、これから申請するアプリの詳細情報を順次登録していきます。

itunesconnect_06

7. スクリーンショットの登録

下記の「バージョン情報」では、各画面サイズデバイスに応じたスクリーンショットを登録します。

itunesconnect_07

8. AppStore表示用の文言などを登録

下記へ、AppStoreに表示される解説文などの文言を登録していきます(必須項目のみ下記で解説)

itunesconnect_08

  • 説明 —– アプリについての説明を記述します。App Storeの他のアプリの説明・Descriptionから記述形式を参考にして、自身のアプリの解説を記述します。

  • キーワード —– AppStore検索で検索された際にひっかかって欲しいキーワードをここで設定します

  • サポートURL —– アプリに関するLPなどのプロモーションページ・サポートページなどのURLを記入します

9. アプリの詳細情報を登録

アプリの詳細情報を登録していきます。

itunesconnect_09

  • Appアイコン —– AppStoreで表示されるアプリのアイコン画像をここで挿入します。1024×1024サイズの画像を登録します(他のサイズだと受け付けられません)。
  • バージョン —– アプリのバージョンを記入します。初回のリリースの時は1.0を記入するのが一般的です。ここも重要なのは、XCodeでアップロードしようとしているアプリのVersionと揃えておくことが必要です(揃っていないと申請できません)。

  • カテゴリ —– AppStoreにアプリを登録するカテゴリを登録します。学習系のアプリを作ったのであれば、「教育」カテゴリのアプリとして登録します。

  • レーティング —– アプリのレーティングを設定します。セクシーな画像を扱うアプリであれば、17歳以上を対象とする、のような形でレーティングを設定します。

  • Copyright —– 作成されたアプリの著作権について記載します。その下部には著作権者の情報を入力します。

10. アプリのソースコードを登録

ビルドしたアプリのソースコードを登録します。

ここはXCodeでリリース用に作成したアプリのソースコード(アーカイブビルド)を設定します。
先にXCodeからリリースビルドのアーカイブファイルを作成しアップロードする必要があるので、ここは後ほど設定します。

itunesconnect_10

11. アプリの審査に関する情報を登録

Appレビュー審査に関する情報を登録します。

ここではアプリ作成者自身の連絡先情報を登録していきます。

itunesconnect_11

12. その他情報の登録

下記追加情報があれば登録します。

itunesconnect_12

まとめ

以上が、アプリ申請における登録内容一覧です。
10番目の項目で後ほど設定すると書いたリリース用のアプリソースコードのアップロード方法を次回の記事で紹介します。

【iOS, 申請】iOSアプリの申請プロセスについてPart2 〜Provisioningプロファイル準備編〜

NexSeedではプログラミング初級者が3ヶ月で一つのアプリを開発してリリースできるよう、初級プログラマ向けのiOS開発コースを開講しており、アプリ申請サポートを行っています。
今回はアプリ申請時にまず必要となる、リリース用のProvisioningプロファイルの作成手順をお送りいたします。

AppIDを取得する

  1. Apple Developer Programのメンバーセンターの左カラム「Identifier」の中の「App IDs」を選択し、右上の「+」ボタンから新しい「App ID」を作成します。

    appID_01

  2. 「App ID Description」を設定します。

    appID_02

  3. 上記と同じページの中央辺りで、「Bundle ID」を設定します。この「Bundle Id」にはリリースするiOSプロジェクトの「Bundle Identifier」と同じものを設定します。

    appID_03

  4. 上記と同じページの下部で、App Servicesの項目でアプリ内で利用しているサービス内容にチェックを入れ、「Continue」ボタンを押して次のページへ遷移します。

    appID_04

  5. 下記のような確認画面が表示されるので、確認の上下部の「continue」ボタンを押して次のページへ遷移します。

    appID_05

  6. 「App ID」の作成完了画面が表示されるので、下部の「Done」ボタンを押します。

    appID_06

  7. 「App ID」の一覧ページに戻るので、そこでたった今作成された「App ID」が存在することを確認します。

    appID_07

Provisioning Profileを作成する

  1. Apple Developer Programのメンバーセンターの左カラムの最下部「Provisioning Profiles」の中の、「Distribution」タブを選択します。

    provisioning_01

  2. 右上の「+」のボタンをクリックして、プロビジョニングプロファイルの作成を開始します。

    provisioning_02

  3. 今回はApp Storeにリリースしてアプリを配布するプロビジョニングプロファイルを作成しているため、「Distribution」以下の「App Store」のラジオボタンをチェックして「continue」を押し、次のページへ遷移します。

    provisioning_03

  4. 先程作った「App ID」をセレクトボックスから選択して「continue」ボタンを押し、次のページヘ遷移します。

    provisioning_04

  5. 開発者として承認させるユーザで自身を選択して「Continue」ボタンを押して、次のページへ遷移します。

    provisioning_05

  6. 作成するProfileに名前をつけて「Continue」ボタンを押して、次のページへ遷移します。
    ※ アプリの名前などと関連付けてわかりやすくしておくと良いと思うけど、何が一般的かは調べて追記します

    provisioning_06

  7. プロビジョニングプロファイルが作成されるので「Download」ボタンを押してダウンロードし、下部の「Done」ボタンを押して作成を完了します。

    provisioning_07

itunes_connect_top

【iOS, 申請】iOSアプリの申請プロセスについてPart1 〜Certificationファイル準備編〜

NexSeedではプログラミング初級者が3ヶ月で一つのアプリを開発してリリースできるよう、初級プログラマ向けのiOS開発コースを開講しており、アプリ申請サポートを行っています。
今回はアプリ申請時にまず必要となる、リリース用のCetrificateファイル作成までの手順をお送りいたします。

Certificateファイルの作成

Certificateは、開発者Appleアカウントとリリース作業をするMacの機体を紐付け、認証させるために必要な登録です。
Macの機体で作った[秘密鍵-公開鍵]のキーペアを使ってCertificateファイルを作成し、それをMac本体に登録していきます。

Macのキーチェーンアクセスで公開鍵・秘密鍵の作成

  1. キーチェーンアクセスのアプリケーションを立ち上げます
  2. キーチェーンアクセスのアプリケーションで、「キーチェーンアクセス > 証明書アシスタント > 認証局に証明書を要求」を選択します。
    keychain01

  3. メールアドレス、通称を入力した状態で、ラジオボタンで「ディスクに保存」を選択して、右下の「続ける」を押します。
    keychain02

  4. 下記のような画面になるので、保存先のディレクトリを選択して保存します。
    保存したファイルは次のCertificateファイルを作成するプロセスで使います。
    keychain03

iOS Developer ProgramでRelease用Certificateファイルを作成

上記で作成した、Certificate作成のリクエストファイルを利用して、Apple Developer Program内のメンバーセンターでProduction用のCertificateファイルを作成します。

  1. Apple Developer Programのメンバーセンター(下記URL)にアクセスしてCertificationファイルを作成します。

    https://developer.apple.com/membercenter/index.action

  2. 下記ページ内の「Certificate」の部分をクリックし、次のページヘ遷移します。

    certificate01

  3. 下記ページに遷移するので、左カラムiOSの部分の「Certificate」をクリックし、次のページヘ遷移します。

    certificate02

  4. 下記ページに遷移するので、左カラム「Certificates」の中の「Production」を選択してクリックします。
    ※ 今回はリリース用のCertificateを作成するので「Production」を作成しています。

    certificate03

  5. 今までアプリをリリースしたことない場合は下記のようなページに遷移します。
    内容を一読した上で、右上の「+」をクリックして、Certificateファイルを作成ページヘ遷移します。

    certificate04

  6. 下記画面に遷移後、今回はリリース用のCertificateファイルを作成するのが目的であるため、「Production」の中の「App Store and Ad Hoc」を選択して、ページ下部の「Continue」をクリックします。

    certificate05

  7. 下記のようにCSR作成についての確認画面が表示されるため、一読して下部の「Continue」をクリックします。

    certificate06

  8. 下記画面に遷移するので、先にキーチェーンアクセスで作成したCSRリクエスト用のファイルをアップロードします。

    certificate07

    certificate08

    certificate09

  9. Certificateファイルが作成されて下記画面に遷移するので、「Download」ボタンを押してダウンロードし、「Done」ボタンを押します。

    certificate10

  10. 10.ダウンロードしたCertificationファイルをダブルクリックして、MacにCertificationファイルを登録します。

まとめ

以上で、iOSアプリの申請にまず必要となるCertificateファイルの作成作業は終了です。
この後、リリース用のアプリのビルドに必要な、Provisioningプロファイルの作成に入っていきます。