【iOSアプリ開発】SampleMapKit作成手順

Pocket

今回はMapKitを使ったサンプルの作成手順をご紹介いたします。

以前のブログ記事、iOSアプリ開発の強い味方、cocoapodsを使いこなそう!で紹介したライブラリJPSThumbnailAnnotationを使う前提として地図を表示するためにMapKitというフレームワークを使用し、地図を表示させる必要があります。

※JPSThumbnailAnnotationを使うとこんな見た目のサムネイル付きピンが作れます
スクリーンショット 2015-01-30 14.30.37

今回、MapKitを使った地図アプリを作成後、上記の記事を読んで頂きライブラリを追加後に、是非ピンのカスタマイズを行ってみてください♪

それではMapKitを使ったサンプルの手順になります。

前提

SingleViewApplicationを選択して作成したプロジェクトであること

1.プロジェクトにMapKitフレームワークを追加

左のツリー表示から青いプロジェクトファイルを選択
Linked Frameworks and Librariesにて『+』ボタンをクリック
現れたウィンドウ上の検索パネルで「MapKit」と検索し、Addボタンで追加

mapkitf

2.ViewController.h に 2点追加

  • #import <MapKit/MapKit.h>
  • <MKMapViewDelegate>

こんな形になります。

3-1.ViewDidLoadにMapKitオブジェクト作成

3-2.ViewDidLoad内で追加したMapKitオブジェクトの中心座標を設定

3-3.ViewDidLoad内で追加したMapKitオブジェクトの地図縮尺を設定

3-4.ViewDidLoad内で追加したMapKitオブジェクトの表示タイプを設定(ピンも1つたてておく)

4.ピンを立てる自作メソッドを作成(ViewDidLoadメソッドの下)

5.自作メソッドを呼び出してピンオブジェクトを作成、ピンを立てる

6.(おまけ)ピンが降ってくるアニメーションを実装したい場合、Delegateメソッドを追加

7.(おまけ)ピンの吹き出しに乗っているinformationボタンをタップした時発動されるメソッドを追加(実際は画面遷移などのコードを書くとよし

操作する対象が動いている場合(今回は落下しているアニメーション)、ユーザーは押したくなるという心理が働き、自然と効果的なUXを提供できるという効果が生まれます。落下させなくてもピンは操作できますが、その一手間を加えるだけでグッと初心者が作ったアプリという印象から抜け出すことが出来ます。なのでおまけの部分はより高い操作性をユーザーに提供したい場合に利用していただくと効果的です。

Author Profile

IchinoheEriko
IchinoheEriko
ニュージーランド・オーストラリアを経てセブ島にやってきた、世界を飛び回るベテラン女性エンジニア。インターネット創世期よりWebサイト製作を経験。小売業販促アイテム印刷システム「ipopweb」の立ち上げに企画時から参画し、DB 設計・プログラミング 開発を担当しリリース。業務システムエンハンスやポータルサイトのリニューアル開発、運営、保守も多数手がける。OracleMaster保持者。PHP、JavaScriptを始め15以上の言語使用経験を持つ。茨城大学工学部システム工学科卒。
Pocket

カテゴリー: iOS, Objective-C | 投稿日: | 投稿者:
IchinoheEriko

IchinoheEriko について

ニュージーランド・オーストラリアを経てセブ島にやってきた、世界を飛び回るベテラン女性エンジニア。インターネット創世期よりWebサイト製作を経験。小売業販促アイテム印刷システム「ipopweb」の立ち上げに企画時から参画し、DB 設計・プログラミング 開発を担当しリリース。業務システムエンハンスやポータルサイトのリニューアル開発、運営、保守も多数手がける。OracleMaster保持者。PHP、JavaScriptを始め15以上の言語使用経験を持つ。茨城大学工学部システム工学科卒。