タグ別アーカイブ: Windows

win8

【Windows, 開発環境】Windowsで開発するためにインストールしておきたいアプリまとめ

NexSeedの「エンジニア留学」ではWebコースとiOSコースを用意しており、WebコースではWindows,Macを開発PCとしてご利用頂いております。

今回はWindowsを開発環境としてNexSeedにエンジニア留学に来られる方にインストールして頂いているアプリケーションを紹介します。ほぼ授業内で使用するアプリであるため、渡航前にインストールし、試しに使用してみることをおすすめしています。

開発ツール

Sublime Text2

プログラムを書くときにはコードを書くためにテキストエディタという、プログラムのソースコードを編集するための文字編集ソフトが必要です。
現在エンジニア・デザイナなどの仕事をする人にとって、一つ代表的なテキストエディタであるSublime Text2をインストールしておくことをおすすめします。
http://www.sublimetext.com/

Sublime Text2

FileZilla

プログラムを書いて動作させるときには、サーバというプログラムを動かすためのマシンに書いたソースコードをアップロードして動作させます。
その際にFTPクライアントという、ご自身のパソコンで作成したプログラムをサーバにアップロードするためのツールを利用するのですが、無料で便利に使えるFTPクライアントのFileZillaが便利です
https://filezilla-project.org/download.php?show_all=1

FileZilla

Tera Term

エンジニアはマウスや見た目にわかりやすい画面での作業のみならず、ただ文字だけが並んでいる画面でコマンドと呼ばれる命令をマシンに与えることで作業を行うことがよくあります。
その際、こちらのTera Termを利用すると、より便利にコマンドでの操作がやりやすくなります。
http://tera-term.en.lo4d.com/

tera-term

VirtualBox

Windows上に仮想マシンを構築するために必要になる仮想化ツール。
VirtualBoxをインストールすることで、あなたのPCの上に仮想的にサーバを構築することができ、無料でサーバ開発環境を得ることができます。

https://www.virtualbox.org/
VirtualBox

Vagrant

VirtualBoxの上に仮想マシンを立ち上げるのを自動化してくれるツールです。
VirtualBoxと合わせて利用することで、あなたのPCに仮想サーバを構築することが容易にできます。
https://www.vagrantup.com/
Vagrant

Vagrant Boxファイル

Vagrantで仮想マシンの構築を自動化・簡易にするのですが、その際に立ち上げる仮想マシンのOSの元ファイルとしてBoxファイルというものが必要になります。
ここでは多くの企業でサーバ用OSとして利用されている、CentOSのBoxファイルのダウンロードを推奨します。
(http://nrel.github.io/vagrant-boxes/ より、最上部latestの中からx86_64という文字列が名前に入っているものをダウンロード)

XAMPP

XAMPPは仮想環境を簡単に導入できるプログラム初心者の強い味方です。まずはプログラムを動かすために簡単な手順で仮想環境を手に入れましょう。
バージョン5.5.28をダウンロードして下さい。

ダウンロードはこちらのページから
インストールしコントロールパネルのボタンでソフトのON/OFFが簡単におこなえます。

SourceTree

プログラミングを行っていると、ある一定程度開発した段階でそのソースコードを一時的に保存したいということがよくあります。
そのような際にはGitというツールを使ってそのような一時保存などを行います。
そのGitでの操作をわかりやすくしてくれるツールがこのSourceTreeです。
(https://www.atlassian.com/ja/software/sourcetree/overview よりダウンロード)

SourceTree

MySQLWorkBench

無料で使えるデータベースとしてMySQLは最も有名なデータベースです。
MySQLの開発や保守は現在Oracleが行っておりますが、MySQLを扱うためにオフィシャルツールとして公開されているのが下記MySQL Workbenchです。
データベースを使って開発を行う際にお世話になるので、インストールしておきましょう!
(http://www-jp.mysql.com/products/workbench/ よりダウンロード)

コミュニケーションツール

エンジニアは仕事の現場では、多くの場合チャットでコミュニケーションを行っています。
理由としては、チャットでのコミュニケーションはリプライの強制力などが少ないため、集中している際に作業の邪魔にならないなどのメリットがあるからです。
また、コミュニケーションのログを残しておくという意味でも、チャットなどでテキストベースでやりとりをすることが重要になります。
現在そのようなチャットツールとして世界的に二強といえるのが下記2つのツールになります。
どちらも使ってみる価値があるツールですので、インストールしておきましょう!

Slack

https://slack.com/ よりダウンロード

Slack

HipChat

https://www.atlassian.com/ja/software/hipchat よりダウンロード

HipChat

その他

Kobito

http://kobito.qiita.com/ よりダウンロード
NexSeedのエンジニア留学では授業内のメモを取る際にKobitoを推奨しています。
プログラミングコードが見やすく記載できるだけでなく、マークダウン記法という記述方法でメモを取ることにより情報の整理が身につくという考え方に基づいています。

スクリーンショット 2015-07-11 14.48.11