【CentOS, PHP】CentOSへのPHP5.5, MySQL5.6環境の構築

PHPでWebアプリケーションを開発を行う前には、LAMP環境という環境を構築する必要があります。
仮想マシンの構築・基本的な開発ツールのインストール後に、PHP5.5, MySQL5.6など、新しいバージョンのPHP, MySQLを利用した開発環境を構築するプロセスを紹介します。

前提

  • CentOS6.5での動作検証を行っています(Scientific Linuxなど、RHEL系であれば基本的に同様です)
  • 下記のコマンドはすべてroot権限で行ってください。

 

関連記事

下記二記事の仮想マシン環境の構築が終わった状態で、本記事の内容を実行して頂けるとPHP5.5, MySQL5.5の環境構築が可能です!

【Vagrant, CentOS】VagrantでCentOSをインストール
【CentOS, LAMP】仮想マシンを立てたら最初にやっておきたい設定

yumリポジトリの追加

epelリポジトリの登録

# rpm -ivh http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

remiリポジトリの登録

# rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

mysql-communityの登録

# yum install -y http://repo.mysql.com/mysql-community-release-el6-5.noarch.rpm

 

Apacheをインストール

Apacheをインストール

# yum install httpd httpd-devel -y

Apacheを起動

# service httpd start

Apacheの自動起動設定を行う

# chkconfig httpd on

 

その他参考

【Apache】Apacheをインストールしたら知っておきたい設定項目

 

MySQLのインストール

MySQLのインストール

下記コマンドでは、バージョン5.6系のMySQLがインストールされます。

# yum install -y mysql mysql-server mysql-devel 

 

その他参考

【MySQL, 開発環境】MySQLのインストールと初期設定

PHPMyAdminのインストール

(必要であればPHPMyAdminを下記コマンドでインストールできます)

# yum install -y --enablerepo=remi,remi-php55 phpMyAdmin

 

PHP5.5のインストール

依存関係のあるパッケージのインストール

# yum install -y --enablerepo=epel libmcrypt

 

PHP5.5のインストール

# yum install -y --enablerepo=remi,remi-php55 php php-devel php-pear php-mbstring php-xml php-mcrypt php-gd php-pecl-xdebug php-opcache php-pecl-apcu php-fpm php-phpunit-PHPUnit php-mysqlnd

 

その他参考

【PHP】PHPをインストールしたらやっておきたい設定

まとめ

とりあえず現状で、PHP×MySQLで開発するのに必要十分な環境の構築が完了です。
できればNginxにしたいという話はありつつですが、とりあえずはApacheでの環境構築とします。
次回以降、LAMP環境構築後にしておきたいPHPやMySQL自体の設定項目について紹介していければと思います。

NexSeedでは、プログラミングと英語を学べる「エンジニア留学」を提供しています。 プログラミングと英語、エンジニア/ IT留学に興味がある方は以下からチェック!

投稿者プロフィール

NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部です。英語学習について、フィリピン・セブ島の魅力、NexSeedでの留学生活などを伝えます!

記事に関するお問い合わせはこちらのメールアドレスにお願いします(・∀・)
ikuniyoshi(アットマーク)nexseed.net