英語が活かせる業界・仕事って?【目標を決めよう】

留学、英語学習者のサポート

留学カウンセラー

留学経験者なら、留学カウンセラーとして留学生を助ける業務もあります。外国へ留学したい日本人学生のサポート業務なので、カウンセリング中の言語は日本語です。ただ、海外の語学学校へ問い合わせや交渉をする必要があるため、留学先各国との業務は英語でのやりとりになります。

 

英語教材編集者

英文を作成する必要があるため英語は使いますが、受験英語対策教材の場合、英会話は使いません。一方、監修者がアメリカ人の児童英語教材やオールイングリッシュ教材など、英会話のための教材の場合は英語を使う機会があります。また、アメリカのESL教材会社の日本進出を手掛ける場合などは、親会社とのやり取りは全て英語で行います。

 

日本語講師

日本語学習者に日本語を教える日本語講師は、一部の限られた学校でのみ「直接法」という日本語を用いた教授法を使いますが、多くの場合は英語を使います。

中国人学生のためには中国語で授業を、と学習者の言語に合わせることは稀で、学生の母国語に関わらず共通語である英語を使うことが大半です。

こうすればそのクラスはどの国の人にも同じように受講してもらえるからです。簡単な会話や単語がわかれば教えられるため、英検3級レベルでも可能です。

 

英語をどうしても使いたいなら

日本人に大勢いる「英語を生かしたい英語好き」

日本人は英語が大好きです。そのため英語を生かしたいと思う人は大勢います。

超難関と言われる国家資格である「通訳案内士」の資格を持っていても、それだけでは残念ながら仕事として続けていけない理由は、「お金をもらえなくても、大好きな英語を使いたい」と願うボランティアの案内士たちがあふれているからです。

彼らは英語も歴史も日本文化も大好きで、驚くほどの知識やスキルを無料で提供しています。

 

英語だけで勝負するならTOEIC満点、英検1級がスタート地点

それでも英語が使いたい、そしてお金を稼ぎたい、と思うのであれば「TOEIC満点」「英検1級合格」からが勝負だと覚悟を決めて勉強を続けましょう。英語の成績が模試で一番だった、という程度では到底張り合えない高い英語力があれば、自分の得意分野を見つけて専門性を磨けば仕事として続けられるものが見つかります。

 

勤務地を選ばない柔軟性

高い英語力と同じくらい武器になるのは、身軽さです。例えば東南アジア拠点の航空会社が客室業務員の募集をしていたとします。住むところは東南アジアになりますが、毎日英語で仕事をします。

同僚や乗客とのやり取りだけなので高度な英語力は必要ありません。ただこの場合、日本に住むことはできません。

 

大学から海外へ出ておくメリット

高校のうちに英検2級に余裕で合格し、準1級を狙えるくらいの英語力があり、尚且つ将来的に外国で働こうかと考えているなら、カナダの大学へ進学するという方法もあります。

学費が非常に高く年間700万円ほどが必要ですが、カナダの場合大学卒業後にすぐ国を追い出されることはなく、現地での就職の可能性がぐんと高くなります。

これがカナダ大学学部留学の魅力の一つです。「もう日本へ帰って来なくてもいい」というくらいの英語好きな人なら、チャレンジする価値ありです。

 

まとめ

いかがでしたか?

「英語が好き」だけではなかなかそれで食べて行くことは難しいですが、色々な職種やアプローチがありますから、情報収集と工夫次第で道は開けますよ!

 

NexSeedでは、プログラミングと英語を学べる「エンジニア留学」を提供しています。 プログラミングと英語、エンジニア/ IT留学に興味がある方は以下からチェック!

投稿者プロフィール

NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部です。英語学習について、フィリピン・セブ島の魅力、NexSeedでの留学生活などを伝えます!

記事に関するお問い合わせはこちらのメールアドレスにお願いします(・∀・)
ikuniyoshi(アットマーク)nexseed.net