意外とよく使う「おせっかい」の英語表現4選

3.Leave me alone!(放っておいて!)

“leave”には、「残す」という意味がありますので、直訳すると「私を一人にして。」となります。

海外ドラマや洋画で非常によく出るフレーズです。

ちなみにこちらの表現は、皆さんご存知の映画「ハリー・ポッター」にも登場しています。

2作目の「ハリー・ポッターと秘密の部屋」で、教科書を買いに行った書店で記者に囲まれるハリーに嫉妬したマルフォイが嫌味を言うシーンです。

マルフォイ:Bet you loved that, didn’t you, Potter? Famous Harry Potter. Can’t even go into a bookshop without making the front page.(満足かい、有名人のハリー・ポッター?本屋に来るだけで一面記事だもんな。)
ジニー:Leave him alone! He didn’t want all that!(ほっといてよ!彼が望んだことじゃないわ!)
マルフォイ:Look, Potter. You’ve got yourself a girlfriend!(おいポッター。ガールフレンドが出来たのか!)

→ジニーはこの時からハリーのことが好きだったんですよね。一生懸命かばう姿が可愛らしいシーンです。”bet”には「賭ける」という意味があり、ここでは「~に賭ける=~に違いない」と訳します。したがって、「君は気に入ったに違いないね=満足かい?」と意訳しているんですね。

 

4.Don’t help me!(おせっかいしないで!)

直訳すると「私を助けないで!」となりますが、すなわち「おせっかいしないで」という意味になります。

辞書で「おせっかい」を検索しても出てこない応用フレーズですが、分かりやすい文章で使いやすいと思います。

ちなみに、こちらのセリフは海外ドラマ「Sex and the City」の中で登場しています。

元カレのミスタービッグから婚約報告をされて戸惑ったキャリーが、ビッグの手を振り払いながら店を後にしようとするシーンです。

キャリー:You know what? I have to go. I have a headache.(あのね、もう行くわ。頭痛がするの。)
ビッグ:Are you okay?(大丈夫かい?)

キャリー:I’m fine. Don’t help me! Don’t you help me!(大丈夫。(手を貸そうとするビッグに)ほっといて!お節介よ!)

ビッグ:Carrie, hold on, wait.(キャリー、おい、待ってくれ。)

→言い直す時”you”を間に入れることで、「”あなた”の手は借りたくない!」というトゲを感じる表現になっています。

 

「おせっかい」の英語表現を使いこなそう

「おせっかい」の英語表現をご紹介してまいりました。

ちょっと攻撃的なフレーズですので、しっかりと関係性が築けた相手にだけ使うようにしてくださいね。

english-banner

投稿者プロフィール

Midori
Midori
高校時代にイギリス留学、大学~社会人時代に2度のNY滞在を経験。大学時代には留学生チューターとして海外留学生の支援に関わる。
現在のTOEICスコア875点(リスニング満点)。海外ドラマや洋画のセリフから英会話を学ぶ記事を多数執筆。
Twitter