「こだわり」の英語表現6選【良い意味、悪い意味、それぞれ単語を使い分け】

あなたは、「こだわり」の英語表現をご存知ですか?

日本語では、いい意味でも、悪い意味でも「こだわり」という単語1つで表現します。

例えば、「私たちは、食材にこだわっています」というレストランがあると、これはいい意味の「こだわり」ですよね

ただ、「彼の上司は、細かいことにこだわります」というと、少しネガティブな意味になりますよね。

実は、英語の「こだわり」では、いい意味の「こだわり」と悪い意味の「こだわり」で言い分けないと、意味が違って捉えられる事もあります。

 

「こだわる」の英語表現6選

picky

好き嫌いがある、細かいところまでこだわる、という意味の英語表現です。

「pick/選ぶ」という単語から出来た表現で、細かく物を選ぶ、というイメージで、ちょっとしたことを非常に気にしたりする人を指します。

また、「picky」は、食べ物の好き嫌いに主に使われる単語です。

You are so picky.「細かいことにこだわるよね」

He is so picky eater.「彼は好き嫌いが激しい(食べ物の)」

 

choosy

こちらも、「picky」と同じように、「chose/選ぶ」から出来た表現です。

「picky」とニュアンスはほとんど同じです。

食べ物だけでなく、服や髪型など、外見にたいしても 使える表現です。

 

particular about

「こだわる」の英語表現で、「particular」が「特定の」、「about」の後ろに、そのこだわっている物を説明します。

また、「I’m not particular about 〇〇」で、「私は〇〇にこだわりはない」という意味になり、こちらのフレーズもよく使われるので、覚えておくと便利です。

 

committed to

ポジティブな意味で使える、「こだわり」の英語表現です。

日本語でも「コミット」という言葉は使われるようになってきているので、なんとなく意味が分かるのではないでしょうか。

熱心である、尽力している、約束する、という意味があり、よくビジネスでも使われる表現です。

日本でよく見る、「私達は、素材にこだわっています」というフレーズは、この英語表現で訳することができます。

We are committed to quality「品質にこだわっています」

 

fussy

神経を使う、念入りな、〇〇にうるさい、という意味の「こだわり」を意味する英語表現です。

こだわりの中でも、「そここだわらなくても…」という所にこだわっている人に対して使われる表現なので、少しネガティブな印象の「こだわり」の表現です。

He is fussy about keyboard.「彼はキーボードにこだわっている」

 

fastidious

こちらも、「こだわり」を表現する単語で、「fussy」の様に、少しネガティブな「こだわり」(細かすぎる)という時に使うことができます。

「particular about」のように、「fastidious about」で、何についてこだわっているのかを表現することができます。

また、「潔癖」という意味もある単語です。

He fastidious about car「彼はクルマにこだわっている」

 

まとめ

いかがでしたか?

「こだわる」の英語表現についてご紹介しました。

言い方や、使う単語によっては、相手に対して、失礼になってしまうので、気をつけましょう!

english-banner

投稿者プロフィール

NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部です。英語学習について、フィリピン・セブ島の魅力、NexSeedでの留学生活などを伝えます!

記事に関するお問い合わせはこちらのメールアドレスにお願いします(・∀・)
ikuniyoshi(アットマーク)nexseed.net