会社概要

代表挨拶

「1人でも多くの人にグローバルに活躍するきっかけを提供したい」
2010年に1年を掛け世界40カ国を周り、海外で活躍する多くの方とお会いしました。
世界に触れたことで気づかされたのは、日本のグローバル化が急務だということ。日本は戦後、高度経済成長を経て発展したバイタリティのある先進国であるにも関わらず、現在は言語と異文化適応力が非常に弱く、今後の将来が厳しいと実感しました。
「日本は海外の方と肩を組まなければ今後の成長は難しい。」
「積極的に海外へ出る、または海外の人を日本へ招きいれる。そういったことができる人材がもっと増える必要がある。」と強く感じました。
そこで出会ったのがフィリピンという国。 彼らの英語力、語学教育のレベルの高さに驚きました。 アジアの近隣諸国から近く、安価でマンツーマン、そして質の高い英語学習の環境。 この場所 であれば、非英語圏の方が非常に費用対効果が高く語学学習ができる。 グローバル社会で次世代を担う 種(人材)を育成する場所をここに創りたい。 そう思いスタートしたのが NexSeedです。
この環境で初めは英語教育からスタートした弊社ですが、英語とプログラミング学習は非常に相性が良いこと、また合宿型で短期間に集中して学ぶ環境が共にとても適していることに気づき、後にエンジニア留学もスタートさせました。

「教育で世界を変える」
今後、私たちが挑戦していくことは、大きくふたつ。現在のスクール事業のさらなる拡充と、フィリピン、アジアを対象としたローカル向けテックスクールの創設です。
まず、エンジニアリングや語学、異文化理解ができる人材が育ち、起業して会社を創ったり、自国産業を盛り上げたり、国外に出て高額な報酬を得て社会に還元する。
それと同時に、まだ教育を受けるチャンスすら無い人々に対し、成長の場、教育のチャンスを提供し、貧困や今の不遇な状況から抜け出るキッカケを提供し、多くの人が活躍する場が世界中で生まれ、そこから巣立った人がよりよい未来を創るお手伝いがしたい。
NexSeedは、フィリピン・セブ島で、一人でも多くの人に自国と世界を繋ぐグローバル人材に成長するキッカケを提供する教育機関であり続け、そして、アジアに向けて技術的なノウハウをひろく拡散できる拠点になっていきたいと思います。
NexSeedに来られることが海外に出る、 また新しいチャレンジをされるきっかけになれば幸いです。

NexSeed Inc.
代表 高原大輔


略歴

大学卒業後、2005年Goodwill Group、COMSNに入社。
人事として年間1000名を超える新卒採用の部門最年少マネジャーとして陣頭指揮を執る。
その後エニグモにて提案型広告営業をした後、2009年ボンセジュール、マーケティングマネジャーとして再生ファンドジェイウィルパートナーと共に事業再生に参画。2010年2月ベネッセホールデイングへ売却。geechsにて今までにないキャリア支援事業を立ち上げた後、2011年2月から1年間企業スポンサーを付け世界40カ国を巡る。帰国後、2013年NexSeedを立ち上げ代表に就任。

メディア掲載
【共著】
人生最高の1日 A-works 出版
【掲載メディア】
・NHK
・ワールドビジネスサテライト
・TABI LABO
・地球の歩き方
・サービス革新
・アセナビ
・セブターン
【講演、セミナー実績】
中央大学、高知大学、帝京大学、各種海外進出セミナー、
水戸第一高校、ユネスコ、拓殖大学、モーニングピッチ、立命館大学など

scrollTop