英語の接続詞3選!【文頭に使うとNGな接続詞も!?】

英語の接続詞、と聞くと一番に思い浮かぶのはどれですか?

接続詞は文章を構成するのに必要不可欠なものですので、英会話初心者でも何となく使えている方が多いのですが、”and”や”but”など簡単なレパートリーのみに留まってしまい、文章がワンパターンになっているのをよく見かけます。

接続詞は使用頻度が多いだけに、語彙を広げてさまざまなバリエーションを持っておくと、一気に英会話レベルがアップします。

今回は、知っていると便利な英語の接続詞とその用法についてご紹介していきたいと思います。

 

知っていると便利な英語の接続詞3選

①so(だから~)

例文)I caught a cold, so I was off from work yesterday.(私は風邪をひいたので、昨日仕事を休んだ。)

“I caught a cold,”まで言った時点で、思わず”and”と続けてしまいそうになるところを”so”に変えると少し文章がこなれた感じになりますね。

「いつも”and”で文をつないでしまう・・・」という方には、まず”so”にチャレンジしていただきたいと思います。単純に文と文をつなぐだけの”and”に対して、”so”は原因と結果をつなぐ意味合いが濃くなりますので文脈によっては使えない場合もありますが、大体の文章では置き換えが可能です。

〇「だから~」という意味でそのほかよく使われる接続詞

・for that reason

例)For that reason, I can’t trust him.(だから、彼のことは信じられないのよ。)

・because

例)My hair gets frizzy because it’s rainy today.(今日は雨だから、髪が広がるのよね。)

 

②anyway(とにかく~)

非常によくネイティブで用いられる言葉です。

例文)Anyway, I’ll do my best.(とにかくベストを尽くすわ。)

I’m relieved you look fine, anyway.(とにかく、あなたが元気そうでよかった。)

“and”や”so”のように、2つの文章の真ん中に置いて間をつなぐというよりは、文頭や文末に置いて話題と話題をつなぐ役割を持ちます。

雰囲気を変えたい時によく使われ、海外コメディドラマ「フレンズ」では以下のように登場しています。

〇”The word you’re looking for is ‘Anyway’…”(今君が探してる言葉は「Anyway(とにかく)」だよ)

→婚約破棄になって落ち込むレイチェルに、「気持ちはよくわかるわー。私も似たような経験をしたもの。」と朗らかに自分の経験談を語りだしたフィービーでしたが、その中身は肉親や元カレが自殺したという壮絶な内容。にこやかに話すフィービーと内容のギャップに言葉を失ってしまったレイチェルにロスが耳打ちするのがこのセリフです。「なーんか重たい雰囲気になっちゃったけど、”Anyway(とにかく)”で雰囲気変えようぜ!」という意味で使われていますね。

ひとつ気を付けていただきたいのが、この”anyway”は口語表現だということです。くだけたニュアンスで、書き言葉には向きませんのでご注意くださいね。

Author Profile

Midori
Midori
高校時代にイギリス留学、大学~社会人時代に2度のNY滞在を経験。大学時代には留学生チューターとして海外留学生の支援に関わる。
現在のTOEICスコア875点(リスニング満点)。海外ドラマや洋画のセリフから英会話を学ぶ記事を多数執筆。
Twitter