「とにかく」の英語表現7つと使い分け方


こんにちは、Kuniyoshiです。

今回は、日常会話でもよく使う、「とにかく」という英語表現をご紹介します。

意外と思いつかない方も多いのではないでしょうか。実は、状況によって、いくつかの英語表現を使い分けることができるんです。

 

「とにかく」の英語表現7つ

anyway

「とにかく」の英語表現として、みなさんご存知の「anyway」です。

基本的に、「anyway」は話題を変えるとき、話を纏めて伝えるとき、話を終わらせるときに使われます。

Anyway,let’s drink tonight!「とにかく、今夜飲もうよ!」

Anyway,I have to get back to home.「とにかく、私は家に帰らなければ」

文頭につけるパターンと、文末につけるパターンがあります。

 

anyways

「anyway」と、なにが違うんだ、と思ったかもしれません。

ニュアンスと使い方は全く同じです。

ただ、こちらは、会話で使われることの多い、カジュアルな表現です。

文章では「anyway」が正しいので、友達同士での会話で使うようにしましょう。

また、ビジネスの場では、「anyway」を使う方がフォーマルです。

 

Just

様々な場面で使われる「just」は、「とにかく」という意味でも使われます。

よりカジュアルな印象を与える表現ですが、イライラして、「とにかく」と言いたい場面では、効果的です。

You should just go「とにかく行け」

Just do it「黙ってやれ」

 

regardless

「〜にも関わらず」という意味の英単語です。

「regard/考慮する」を「less/減らす・なくす」なので、「なにがなんでも」や「なにがおこっても」「いろいろあったけど」という意味の「とにかく」を意味する英語表現です。

regardless,We have to back to japan.「とにかく、日本に帰らないといけない」