英語で接待!会食で使える英語【絶対覚えておきたいフレーズ】

みなさんは、お仕事で接待を経験したことがありますか?

中でも会食は、食事やお酒を嗜みながら関係性を深めていくとともに、あわよくば商談にも持ち込めるかもしれない絶好のチャンスですよね。

日本人同士でもただでさえ緊張してしまう接待シーンですが、英語で行う場合はさらにしっかりと予習をして臨まなければなりません。

そこで今回は、会食で使える英語フレーズについてご紹介してみたいと思います。

 

会食に英語でご招待しよう

それではまず、会食にご招待するところからシミュレーションしてみましょう!

スマートなお誘いフレーズをご紹介していきます。

①Let me set up a business dinner with you, please.(よろしければ一席設けさせてください。)

“set up”は、日本語で「セットアップ」と言うこともあるように、「整える」といった意味があります。

したがって、「会食の席を整える=一席設ける」という風に意訳しています。

「会食」は簡単に”business dinner”とすれば良いでしょう。

ちなみに、”set up”を使った表現が海外ドラマ「Sex and the City」の中にも登場しています。

元カレのエイダンが忘れられず、グループデートを企画しようとしているキャリーのセリフです。

キャリー:I was thinking, you, Steve, Miranda and me could go out sometime. You know, just like as a… you know, a fun group thing.(考えてたんだけど、いつかあなたとスティーブとミランダと私の四人で食事しない?ほら、仲良しグループって感じで。)

エイダン:Sounds good.(いいね。)

キャリー:Great. So I’ll set it up? (よかった。じゃ、セッティングしていいかしら?)

→ビジネスの会食同様、ややかしこまって「セッティングさせてほしい」と伝えるときに使える表現なんですね。

 

②Would you like to join us for a dinner?(夕食をご一緒にいかがですか。)

“join(参加する)”を使った表現ですね。シンプルで覚えやすいフレーズです。

ちなみに、映画「ホリデイ」に類似の表現が登場していました。

初めての土地で友達がいないアイリッシュが、偶然出会った老人アーサーを夕食に誘うシーンです。

アイリッシュ:You know, l hope you don’t find this strange……but l’ve just arrived here, and, well, l don’t really know anyone. And l was thinking of going out for dinner tonight. Well, if you’re not busy, would you like to join me?(あの、変に思われるかもしれないんですけど・・・ここには来たばかりで、知り合いが誰もいないんです。それで、今夜ディナーに行こうと思っているんですが、もしお忙しくなければご一緒にいかがですか?)
アーサー:Busy? Honey, l haven’t been busy since 1 9 7 8.(忙しいだって?わしは1978年以来ずっと暇さ。)

→初対面の相手や年上の相手に対しては、しっかりとかしこまった表現をすることが大切ですよね。

ビジネスの会食にお誘いする場合にも使いやすい、控えめで丁寧な表現です。

 

会食中に使えるフレーズ:「ここの○○が美味しいんですよ!」を覚えておこう

会食中の会話が途切れないように、話の糸口をいくつか用意しておくと安心です。

その中でも、相手を問わず使えるのが「ここの○○が美味しいんですよ!」のフレーズです。

“They serve the best ○○ here.(ここは一番美味しい○○を出してくれるんですよ。)”

せっかくの食事ですから、その土地の美味しいものを振舞って接待したいですよね。

「ここの○○はうまいんですよ~」と言われると、食べる前からわくわくします。

※このほか、会食中に使いやすいフレーズは以下の通りです。

・How’s business?(お仕事(ご商売)はいかがですか?)
・It’s cold today, isn’t it?(今日は寒いですね!)
・How was your flight?(フライトはいかがでしたか?)

 

事前の準備で、英語の会食を成功させよう!

会食の場は、ビジネスを円滑に前に進めていくのにぴったりの場です。

英語でスムーズに進行するのは難しいことだと思いますが、事前の準備を怠らずしっかりとアテンドしましょう。

即実践で使える!ビジネスで役立つ英語表現記事21選

 

english-banner

Author Profile

Midori
Midori
高校時代にイギリス留学、大学~社会人時代に2度のNY滞在を経験。大学時代には留学生チューターとして海外留学生の支援に関わる。
現在のTOEICスコア875点(リスニング満点)。海外ドラマや洋画のセリフから英会話を学ぶ記事を多数執筆。
Twitter