日本の夏より実は快適!?フィリピン・セブ島の月別の気候とおすすめの服装について


 

シードくん(綺麗)常夏。リゾート。
セブ島を表す言葉としてよく使われるものですが、セブって本当に一年中暑いのでしょうか?また、セブ島での服装は「真夏の格好」が本当に正解なのでしょうか?

今回はフィリピン・セブ島の気候や服装について、東京とセブを比較しながら、スタッフの率直な意見・肌感覚も交えてお伝えします!

 

1.気温データで見るセブ島の気候

cebu-tokyo-climates

セブ島には、日本のような四季は存在せず、年間を通して基本的には暑いです。
最高気温は、5月(セブでは5月が最も暑く”Summer”と呼ばれています)が33度ぐらいまで上がり、一番涼しい時期でも最高気温が30度ぐらいまで上がります。一方、最低気温は、一番涼しい1月や2月でも25度近くあります。

上のデータで判断すると、「セブは日本よりも常に暑い」という風に見えます。ただ、セブで1年以上過ごしているスタッフ達は、必ずしもそうは感じていないようです。(もちろん個人差はありますが)

日本では35度以上・40度近くなる日もありますが、セブではそういった猛暑日を経験することは少ないように思います。そして4月・5月あたりは特に暑いですが、それでもカラッとした晴れ方なので、「体感温度的には日本の夏の方が暑い」と感じる人が多いです。特に社会人の方にとっては、日本では夏でもスーツを着る文化があることを考えると、涼しく楽に感じるかもしれませんね。

一方、6月以降は過ごしやすい気温になります。特に夜の時間帯や雨が降った後は肌寒く感じることもよくあります。

 

2.降水量データで見るセブ島の気候

cebu-tokyo-rainfall

フィリピン・セブには乾季と雨季があります。乾季と雨季がはっきりと分かれているわけではありませんが、一般的に乾季が11月から5月、雨季が6月から10月とされています。
ただ雨季といっても、日本の梅雨のように一日雨が降っているジメジメしたイメージではありません。一日のどこかでスコールが降り、その他の時間帯は晴れているか曇っているケースが多いです。週末のマリンアクティビティなどは、雨季でも十分楽しめます。

特に雨季には折りたたみ傘などを常備しておくと便利かと思います。ただし、スコールはとんでもない豪雨になることがあり、傘では凌ぎきれない場合があるので、スコールが止むまで待つのが無難でしょう。長くても1時間か2時間すると、雨が弱まるタイミングがあるかと思います。
乾季については基本的に快晴が多いですが、雨が全く降らないわけではありません。

こんな風に比較してみると、東京って意外と雨が多く降っているのですね。

 

3. おすすめの服装について

SONY DSC

(写真は、ネクシード課外授業Experienceの様子。)

この雰囲気からご覧頂けるように、基本的には一年を通して夏服(Tシャツ・カジュアルなパンツスタイルなど)で全く問題ないかと思います。ただ、意外と見落とされがちなのが、クーラー。

フィリピンの人は暑さを嫌う人が多いためか、クーラーが異常な強さでかかることが非常によくあります。ネクシードのキャンパスもビル一括で空調管理があるため、非常に寒くなってしまうことがあります。(寒すぎる場合には、エアコンを一時的に切るようにしています。)

特に留学でセブにいらっしゃる方は、室内でも自分で調整が出来るよう羽織るものをお持ち頂くことを強くオススメします!オフィスでも、こんな感じでジャケットや軽い羽織るものをスタッフが置いています。

jacket

いかがでしたか?

特に旅行者の方によくあるプチ失敗談として、「常夏をイメージして薄着ばかりを持ってきてしまった」というものがあります。クーラーは日本人の方は結構びっくりするレベルでかかっているので、気を付けてくださいね。

セブにお越しになる方、ぜひ参考にしてみてください!ご質問があればお気軽にどうぞ♪

台風情報が気になる方は下記もご参考下さい♪ 台風情報を見られるサイト(日本語・英語どちらもあります)をまとめました。

☂☂☂【フィリピンの台風情報を見られるサイトまとめ】☂☂☂

 

NexSeedの英語留学、エンジニア留学について詳しく知りたい方はこちら