フィリピン・セブ島での携帯の購入方法とオススメの利用方法

今回のテーマは「留学中の携帯電話の利用について」

私たちの生活に携帯電話は必需品ですが、知らない土地での利用は勝手がわからず不安になりますよね。

「海外で日本の携帯を使うとどうなるの?」「現地で携帯電話を買いたいとき、どうすればいいの?」「そもそもフィリピンで留学するときに現地携帯は必要?」

今回はそんな悩みを解決すべく、現地での携帯電話の入手方法・利用方法などをご紹介します!

 

 

セブ島での携帯電話は必要?

結論から言うと、短期の留学(2週間〜1ヶ月程度)なら持たなくても問題はありません。長期の場合は(3ヶ月〜)は持っておいた方が何かと便利でしょう(現地の友達や先生と頻繁に連絡を取る、緊急事態にそなえて連絡手段を持つなど)。

NexSeedに留学されている方の多くは、LINEやFacebookを使って連絡をとり合っています。WiFiさえあれば、基本的に問題なく連絡が取れるので、海外が初めてという方でもあまり不便には感じないでしょう。

一方で、フィリピンで現地携帯電話を買うメリットもあります。

  • WiFi環境を気にせず気軽に連絡が取れる
  • 現地の人と連絡が取りやすい
  • プリペイドで、本体も安いので、気軽に購入できる

携帯電話の主な用途は「通話」「テキストの送受信」の2つ。1送信0.5ペソ(約1円)で使え、現地の方の多くはこの方法で連絡をとりあっています。日本では、SMSのほか、携帯メールアドレスを使いますよね。海外では携帯アドレスは一般的ではなく、電話番号さえ知っていれば異なる通信会社同士でも連絡がとれます。

日本で契約した携帯電話も利用可能ですが、通信料は高くなります。気にせず使っていると、とんでもない高額請求を招く恐れがあります。参考として、以下に日本の電話会社の通信料一覧を載せました(iphone6の場合)。

例えばセブ島から日本に電話をかけた場合、1分話しただけで175円の通話料がかかります。セブ島では150円もあれば夕飯を食べられるので、意外とかなり大きいですね。またインターネット等の通信料(パケ放題)は一日あたり2,000円〜3,000円とかなりの高額です(ソフトバンクとauの場合は2段階制となっています)。

 

事業者名 音声通話(1分あたり) SMS 通信料(パケ放題)
発信する場合 着信する場合
滞在国内 日本向け その他の国向け 送信 受信
ドコモ 75円 175円 265円 155円 100円 無料 2,000円/日
ソフトバンク 70円 175円 260円 155円 100円 無料 1,980円/日,2,980円/日
au 75円 175円 265円 155円 100円 無料 1,980円/日,2,980円/日

 

 

セブに到着してからSIMフリーの携帯電話を購入する

IMG_1817
セブ島ではSIMフリーの携帯電話が簡単に購入できます(SIMフリーがわからない方はコチラ)。購入するのものは、電話端末・SIMcard・プリペイドカードの3種類です。AyalaやSMなどのモール(イオンモールのような大きなショッピングセンターです)には豊富な種類が揃っています。

インターネット接続のサービスは、スマホであれば1,000ペソ(約2,700円)/月で使い放題(日本のパケホのような感じ)のサービスも追加できたり、50ペソ(約120円)で1日(24時間)だけ使えるチケットを購入できたりするサービスもあります。

IMG_1775
写真(上)のようなものであれば500ペソ(約1,300円)程度で購入可能です。今後海外に行く予定がある方には買っておいて損はないアイテムです。ちなみに現地でSIMフリーのiPhoneを購入すると日本より2割ほど高くなります。

 

 

SIMCardにお金をロードする

SIMフリー携帯電話・SIMcardを買ったら、SIMcardにロードする必要があります。ロードとはお金を予めチャージすることをいいます。ロードの方法は以下の2通り。

1.オートチャージ
コンビニなどの店員さんに自分の電話番号を伝え「オートロード〜ペソ」と言えばロードしてくれます。数秒後に自動でロードされ、テキスト通知が来ますので確認をしましょう。オートチャージをする場合はプリペイドカードを購入する必要はありません。222宛てに「BAL」と記載したテキストメッセージを送ると残高の確認ができます。

2.カードチャージIMG_1824
プリペイドカードを購入しロードします。購入後は次のようなステップでロードを行いなます。英語になりますが、カードの裏面にも方法が記載してあります。

①スクラッチしてカード裏面にあるピンコードをゲットする!
IMG_1829 2
ビンクの箇所がスクラッチできるようになっており、こすると上のような10桁と6桁の数字が現れます。これを使ってロードを行います。

②223に電話をかける!(Globeの場合)
223に電話をかけるとオートアナウンスでロード手続きのが指示されます(通話料は掛かりません)。案内に従って、まずは写真左にある10桁のカードナンバーを押してシャープを押します。つづいて右側にある6桁のピンコードを入力しシャープを押します。ロードが成功すれば「Success」とアナウンスが流れテキストで連絡が届きます。以上でロードは完了です!これで購入分の通話料とテキストの利用が可能です!

どちらの方法もロードした以上の金額は発生しないので、安心して利用できます。100ペソ(約270円)からロードできるので、気軽に使えて便利、そして安いですね。

 

 

SIMフリーの携帯電話を持ってくる

IMG_1774
SIMフリーの携帯電話を持っていればSIMcardを入れ替えるだけでフィリピンでも使用可能です。フィリピンにも日本のDOCOMO, Softbank, auのような大きな3大通信会社が(Globe, Smart, Sun)があります。

一般的にSunのSIMcardは安価ですが電波が悪いためあまりおすすめはしません。不便なく使うにはGlobeかSmartがいいでしょう!どちらのSIMも50ペソ(約130円)程度で購入できます。

 

セブ在住スタッフおすすめの利用方法

現地スタッフのおすすめは、通話用(緊急時など)として安価なSIMフリーの携帯電話を購入し、ネットは日本から持って来たスマホを使う方法です。NexSeedではキャンパス、寮共にWiFi環境があるため、スマホがあればインターネットに接続できます。Wi−Fiを使用するだけであれば、日本から持ってきた携帯電話でも通信料は掛かりません。

またフィリピンのショッピングモールやレストランにはFreeWi-Fiが設備されている場所が多く、気軽にインターネットが使えます。Wi-Fiが使える場所ではスマホを使い、どうしても使えない場合は現地の携帯電話を使う。この方法であれば料金を格安に抑えることができます!

※フィリピンではスマホは高級品にあたりますので、スリなどには十分に気をつけましょう。ポケットがスマホのかたち(パッと見でスマホを持っているのがわかる状態)になっていると狙われやすくなります。

 

まとめ

セブ島留学中の携帯電話の利用についてまとめるとポイントは以下の4点です。

・短期間の留学ならなくてもOK、長期の場合はあると便利
・世界対応ケータイは通話・通信料が高額。 現地携帯電話とWiFiを併用するのがおすすめ
・電話端末やSIMcardはショッピングモールで簡単に購入できる
・緊急用として安価なSIMフリー携帯を買うのがおすすめ

現地での購入は必須!とは言い切れませんがあれば便利です。既に留学が終わっている友人がいる方は、使っていない携帯電話を持っている可能性があるので聞いてみるのもいいかもしれませんね。

 

記事下バナー英語用 のコピー

投稿者プロフィール

NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部です。英語学習について、フィリピン・セブ島の魅力、NexSeedでの留学生活などを伝えます!

記事に関するお問い合わせはこちらのメールアドレスにお願いします(・∀・)
ikuniyoshi(アットマーク)nexseed.net