残念を表現する英語19フレーズ


「残念」という英語表現、ご存知ですか?

日常の様々な場面で「残念」という表現を使います。

英語だと、「残念ながら〇〇です」や、「それは残念ですね」など、主語によって様々な使いわけが必要です。

早速、ご紹介していきます。

 

「それは残念ですね」の英語表現

相手に起こったことに対して、「それは残念ですね」という場合の英語表現について、ご紹介します。

「Shame」を使った英語表現

恥という意味でも使われますが、「残念」を表現したい場合にも使える単語です。

この場合の使い方を知らないと、突然聞いて、「恥?なんで?」となることもあるでしょう。このような意味が複数ある単語もあるので、覚えておきましょう。

使い方

A.Good morning . How was your weekend?「おはよ、週末どうだった?」

B.I caught cold「風邪引いた」

A.Oh,That’s a shame.「あらら、それは残念だね」

また、

It’s a shame that~「〇〇してしまって残念」

What a shame~「それは残念」

という使い方があります。

 

「Bad」を使った英語表現

こちらも、単純に「悪い」という表現ではなく、「残念だね」という場合に使えます。

「shame」と使い方が似ているので、覚えやすいでしょう。

使い方

A.Good morning . How was your weekend?「おはよ、週末どうだった?」

B.I caught cold「風邪引いた」

A.Oh,That’s too bad.「あらら、それは残念だね」

その他に、

It’s too bad that you can’t come the party.「君がパーティーに来られないのは残念だ」

といった使い方ができます。

 

「Disappointing」を使った英語表現

こちらはよく聞く「残念」の英語表現ではないでしょうか。

この場合は、「がっかり」「期待以下」という意味の「残念」です。

使い方

That news was very disappointing to us.(そのニュースは私達にとって残念なものだった)

I’m disappointing to you(君にはがっかりだ)

言われないようにしましょう。

 

「Sad」を使った英語表現

「Sad」は、映画でもよく聞く「残念」の表現ではないでしょうか?

悲しい、寂しい、哀れだ、残念だ、という意味の言葉です。たとえば、悲しいニュースを聞いた時などに使える表現です。

使い方

A.I broken up with boyfriend「彼氏と別れた」

B.That’s so sad「それは残念だね」