「早い」の英語表現6選 | 使い分けに困ったら語源を調べる!


新入社員のKuniyoshiです。

今回は、「早い」という英語表現の使い分けと、意味の微妙な違い、含まれるニュアンスの違いをご紹介いたします。

みなさんは、「fast」と「quick」の違いをご存知ですか?

語源から調べて考えてみると、ニュアンスの違いがわかります。さっそくご紹介していきます。

 

「早い」の英語表現 | quick

日本語だと、「素早い」という意味になる英語表現です。

「機敏や、短時間、鋭い」というニュアンスが含まれており、仕事が早いと言いたい場合や、物覚えが早い、という場合は「quick」を使います。

語源は古英語の「cwicu」という英語で、「生きている」という意味の単語です。そこから、「生き生きとした、活発な、すばやい」という意味へと変化していったと言われています。

quick response「素早い反応」

He is quick worker「彼は仕事が早い」

 

「早い」の英語表現 | early

時間や時期が「早い」という意味の英語表現です。

また、「予定よりも早い」という場合にも「early」が使われます。

「早期の、未熟な」というニュアンスも含まれた単語です。

early morning「早朝」

Get up early「早く起きろ」

You are early「早かったね」

 

「早い」の英語表現 | fast

どちらかというと、「速い」という場合によく使われる表現です。

また、「断食」という意味もある単語です。

語源をたどると、古英語の「fæstan」という単語で、意味は「断食をしっかり守る」という意味です。宗教的な由来で、「戒律をしっかりと守る=断食とか」から意味が発展し、「fast=しっかりと」という意味になったようです。

「速い」という意味に変化したのは、「ran fast=しっかりと走る=速く走る」と発展していったようです。デンマーク語や、ノルウェー語では今でも「fast」は「堅牢な、永続的な、固い」という意味で使われています。世界はつながっているということを実感しますね!

「Breakfast/朝食」に「fast」が付いている理由も、断食後初めての食事という意味から「break/破る」「fast/断食」という単語なんです。

ちょっと脱線してしまいましたが、「速い」という意味で考えると、「モノや人の移動速度が速い」という意味で、「移動速度を維持している、維持できるもの」という語源とも紐付いた意味が伺えます。

the fastest car「世界最速の車」=移動速度の速さ(維持できる速さ)

fastest reader「速読家」=読む速度の速さ(維持できる速さ)

My heart’s beating so fast「心臓がドキドキしている」=心拍数の速さ(維持している速さ)