おばけや幽霊の英語表現!たまにはオカルトから英語学習してみよう!


こんにちは、新入社員のKuniyoshiです。

今回は、「おばけ」の英語表現をご紹介します。意外と、「おばけ」1つでも様々な表現があるものです。(日本でいう、おばけ、幽霊、妖怪みたいな)

突然ですが、あなたは幽霊やおばけを信じてますか?私は、おばけくらい居てもいいんじゃないかと考えてます。

一度、フィリピン人の講師とおばけの話をしたことがあります。

そこで気づいたのが、日本と海外の「おばけ観」の違いと、「おばけ達」と様々な文化の結びつきです。

そんな面白くて怖い「おばけ」の英語表現をご紹介します。

 

「おばけ」や「幽霊」の英語表現

Ghost

halloween-1746354_640

ふわふわしている、日本語の「おばけ」に1番近い英語表現です。

海外のイメージだと、よくハロウィンなんか仮装されている「白いシーツをかぶったヤツ」が「Ghost」の代表格で、日本の幽霊にも近いニュアンスが含まれています。

 

Spook

spirit-1887125_640

Ghostよりも口語的な「おばけ」の英語表現です。

ただ、黒人に対する差別用語としての意味もあるので、使用は避けた方がいいでしょう。

 

Specter

ghosts-572038_640

人間ではないものも含まれる「おばけ」の英語表現です。

日本語の「妖怪」に近い英語表現です。「恐怖心」という意味を持ち合わせた表現です。

 

Wraith

死の前後に現れる生霊を意味します。

「Ghost」が死霊なのに対し、Wraithは生霊です。

 

bad spirit

悪霊という意味で使われます。

フィリピンではよく聞く単語です。

 

Phantom

見えるはずのないものが見えたりという現象のことを意味します。

「幻」という意味を持ち合わせています。

 

Monster

飲むと目が覚める魔剤。

「モンスター」怪物です。みなさんのモンスターの認識で違いありません。