「社長」「部長」「課長」など忘れるとヤバい役職名の英語表記


こんにちは、新入社員のKuniyoshiです。

「取引先の人から貰った名刺の役職が英語で書いてあって、どれだけ偉い人なのか分からない。」

「どっちを上座に座らせたらいいんだっけ…」

そんな事態に陥る前に!

今回は、忘れるとヤバいことになりかねない役職名の英語表記をご紹介します。

実は私、新卒で海外に来たので、役職の英語名どころか、日本語の役職を見てもどれだけ偉い人か分かりませんでした。デザイナーとして入社したので、社内の名刺デザインを担当して、やっと分かってきたところです。

ということで、こんなへっぽこな私と一緒に役職名の英語表記を勉強しましょう。

 

役職名の英語表記

一般的によく聞く役職の英語表記をご紹介します。

取締役会長・相談役・顧問・理事長「Chairperson」

代表取締役「Representative Director」

執行役員「Director」

部長「Manager」

課長「Section Manager」

係長「Chief Clerk」

役職が上の人から順で並べました。

英語で書くと強そうですよね。

 

重役の英語表記

次に名刺などでよく見るスペル3つで表記された役職についてご紹介します。

ややっこしいですよね。

ですが、略されている単語の意味を知ると、覚えられます。大丈夫です。

最高経営責任者「CEO」

Chief Executive Officerの略です。

Chief 〇〇 Officerの「〇〇」に「何の責任者か」が入るので、それを抑えればあとは何となく想像がつくのではないでしょうか。

 

最高執行役員「COO」

Chief Operating Officerの略です。

Operatingは「経営、運営に関する」という意味の単語です。

 

最高総務責任者「CAO」

Chief Administrative Officerの略です。

Administrative「経理、行政」という意味の単語です。

 

最高財務責任者「CFO」

Chief Financial Officerの略です。

「Financial/ファイナンシャル」の略だと知ってしまえば簡単ですよね。

 

最高法務責任者「CLO」

Chief Legal Officerの略です。

「リーガル・ハイ」という弁護士をテーマにしたドラマがありましたよね。

あの「リーガル」です。

 

最高技術責任者「CTO」

Chief Technology Officerの略です。

 

最高会計責任者「CAO」

Chief Accounting Officerの略です。

Accountingは「会計」という意味です。

 

まとめ

いかがでしたか。

あなたが名刺を作る、名刺をもらった時の参考になればと思います。

また、「海外で働きたい、これから海外で働くけど不安だな」という方へ、ネクシードではビジネスで使える英語力を勉強出来ます。

セブ島で一緒に勉強しましょう!

記事下バナー英語用 のコピー