やりたい仕事がわからない。”とりあえず就職”するなら”とりあえず留学”してみてもいいんじゃない?

留学してしまえば、もう逃げることのできない英語環境が整います!

最初は苦痛かもしれませんが、数週間もいれば覚えた英語をどこで使おうかという楽しさに変わってくるはずです。
留学先ではいろんな国から来ている留学生とも出会えますので、交流から得られることも多いでしょう。

”TOEICスコア満点の引きこもり”より”中学英語で海外に友達が100人いる人”の方が魅力的だと思いませんか?
また、数年後には東京オリンピックが開催されます。今以上に日本に多くの外国人が来国します。

それなのに「英語に自信がないから…」なんて理由で交流のチャンスを逃すのはもったいないですよね。

 

就活だって留学だって、周りに合わせる必要はない!

英語留学をおすすめする理由をお伝えしましたが、就職だって大事!いちど就職してお金を貯めてからでもいいんじゃない?そう思っている方もいるのではないでしょうか?

働いて、自分でお金を貯めて留学することは、とても素晴らしいことです。

しかし、学生のうちに行けるのであれば、行ったほうが良いと私は思います。

留学って結構なお金が必要になるのですが、エージェントに頼んだり航空券をとるときも、学生だと”学割”が使えることがあります。海外に行くなら必要と言われる、クレジットカードの審査でも、学生という立場だと収入がなくても作りやすくなっています。

一度就職して社会人になってしまうと、学割は使えなくなりますし、仕事の合間を縫って留学準備をして行くことになります。退職のための業務の引き継ぎや保険や年金の手続きなど、あれもこれもで結構大変だったりもします。

”とりあえず”なんて言っていられなくなります。

今は留学をサポートしてくれる大学も多いですよね。学歴社会ではなくなってきている現代では、就職が1年遅れようが、昔ほど周りの目が気になることもないと思います。

海外で見聞きしたことが仕事に影響することもありますし、若いうちに多くの経験をしておくことで、やりたいことが見つかったときに取捨選択がしやすくなります。

・”英語でコミュニケーションをとる”という認識を変えられる
・英語から逃げられない環境で即実践できる
・学生なら様々なサポートが受けれる
・将来の選択肢が広がる

以上が”とりあえず留学”をおすすめする理由です。一度きりの人生なのですから、存分に楽しみたいですよね!

学生だからこそできる”とりあえず留学”。

いかがでしょうか。

english-banner