フィリピンのお土産、意外と知らないオススメ18選

オイルサーディン(Sardines)

 


スペイン統治下時代の名残、イワシのオイルサーディンです。

フィリピンのお土産には、スペイン由来のものが多いのです。
オイルサーディンもその1つで、缶詰から手軽に食べられることから、家でストックしているフィリピン人も多いとか。

トマトソースのオイルサーディンを、パスタにするのがおすすめです。

値段:1缶30ペソ(約80円)
購入場所:スーパー、コンビニ、空港

 

食べ物のお土産/ばらまき用

学校の友達や職場の人など、多くの人に渡すとき、
個包装がされたお土産がいいですよね。
どこの国でもあるお土産ではなく、フィリピンならではのお土産をご紹介します。

 

チョコがけドライマンゴー(Dried Mangoes with chocolate)

yhさん(@mitcy_ph)がシェアした投稿

ドライマンゴーをチョコレートでコーティングしたもので、普通のドライマンゴーより少しお値段が張りますが、とても美味しいです。 高級感のあるパッケージで、普通のドライマンゴーより特別感があります。

値段:153ペソ(約350円)
購入場所:スーパー、ドライマンゴー工場、空港  

ポルボロン(Polvoron)

kaorickさん(@kaorick_s)がシェアした投稿


スペインの伝統的なお菓子です。スペインの植民地時代にフィリピンに入ってきて、フィリピン人が誰しもが知ってるお菓子の1つです。ビスケットのようですが、口の中に入れると口の中に粉末が広がるという食感をしています。カシューナッツやチョコチップや、フィリピンで人気の「ウベ(紫芋)」など様々な味が選べます。小袋に入った箱での購入や、1個からの購入もできるので、人に合わせてフレーバーを変えてお土産にすることも可能です。
箱売りは「Goldilocks」が有名です。

値段:10個100ペソ(箱売り、約230円)
購入場所:スーパー、コンビニ、空港

 

オタップ(OTAP)

フィリピンの源氏パイ、オタップ。 甘さ控えめで、海外の甘すぎるお菓子が苦手な方にもおすすめ。

値段:40ペソ(約90円)
購入場所:スーパー、空港  

シルバナス(Silvanus)

 


現地の人にも大好評のシルバナス。

驚くほど軽い食感のこのお菓子は、薄いソフトケーキの中にバタークリームが入っています。

値段:10個170ペソ(約390円)
購入場所:スーパー

 

ビスコッチョ(Bizcocho)

ビスコッチョ(BISCOCHO)は、ラスクに似たカリカリした食感のフィリピンのトースト菓子で、こちらも、由来はスペインのケーキです。

値段:約100ペソ(約230円)
購入場所:スーパー  

食べ物以外のお土産

 

パパイヤ石鹸

 


フィリピンは、美白コスメがとても人気。

中でもパパイヤを使用したコスメの人気が高く、ドラッグストアやスーパーで見かけることができます。フィリピン人女性の中では、パパイヤが美白に良い、ということが常識なのです。

値段:79ペソ(180円)
購入場所:スーパー、ドラッグストア

 

ココナッツオイル

実はココナッツオイルの生産量世界一を誇るフィリピン。 なんと、ココナッツ庁という、ココナッツオイルの技術管理、品質管理の指導を行っている官庁があるんだとか。 そのため、リーズナブルに様々な場所で手に入れられることができます。 値段:250ml 120ペソ(約300円) 購入場所:スーパー、薬局  

リップクリーム

 

mayuさん(@mayuboo1204)がシェアした投稿


ココナッツを使って作られたリップクリーム。 女性に喜ばれるお土産としてオススメです。

天然由来の保湿効果も抜群で、手頃な値段でコンパクトなので、大量購入もできます。

値段:スティックタイプ 80ペソ(約180円)
購入場所:SMモール


 

以上がフィリピンのお土産、おすすめ18選でした。
値段はあくまでも目安で、場所によって多少違います。特に、空港では高めの設定になっています。まとめて大量に買うときなどは、値段交渉ができることもあるので、試してみてください。

 

記事下バナー英語用 のコピー

投稿者プロフィール

NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部です。英語学習について、フィリピン・セブ島の魅力、NexSeedでの留学生活などを伝えます!

記事に関するお問い合わせはこちらのメールアドレスにお願いします(・∀・)
ikuniyoshi(アットマーク)nexseed.net