「Business」の意味!複数の意味と「work」や「job」との使い分け方

「business」って、「仕事」という意味で習いましたよね。

ですが、「仕事」という意味であれば、「work」や「job」だってあります。

また、海外のドラマや、映画、SNSを見ていると、「え、そこ?」という場面で「business」が使われています。

ということで、今回は、 「businees」が持つ複数の意味と、「work,job」との使い分けについて、ご紹介していきます。

 

「business」複数の意味 | 「仕事」

office-1209640_640

「business」と言われて、1番に思いつく意味はもちろん「仕事」ですよね。

しかし、仕事といっても、「work」や「job」など、同じ意味で習った単語があります。

 

「business」はどんな仕事?

「business」は事業や、企業、会社など、大きい概念で捉えることが多い単語です。

主に、「Business」には3つの意味があり、「企業、活動そのものを指す場合」「事業内容、業務を指す場合」「収入、成果、売り上げを指す場合」があります。

長期に渡る仕事、規模が大きいものに関しては、「business」が使われます。

 

「work」と「job」の使い分け方

「work」は、仕事の中でも短期的、具体的なもの、「business」は仕事でも長期的、抽象的で大きな概念で捉えると覚えるとよいでしょう。

また、「job」は、規模が小さく、簡単な仕事というニュアンスがあります。

 

「business」複数の意味 | 「関係」

Author Profile

NexSeedメディア編集部
NexSeedメディア編集部Twitter:@@NexSeed_Cebu
NexSeedメディア編集部です。英語学習について、フィリピン・セブ島の魅力、NexSeedでの留学生活などを伝えます!

記事に関するお問い合わせはこちらのメールアドレスにお願いします(・∀・)
ikuniyoshi(アットマーク)nexseed.net