セブ島・マクタン島のリゾートホテル9選


クリムゾン
観光地として有名なセブ島には南国リゾートを満喫するにふさわしいホテルがたくさんあり、他のリゾート地よりも比較的安価に利用できます。

リゾートを満喫する上でホテル選びはとっても大事ですよね。本日はセブ島を満喫するために、一度は行ってみたいホテルをセブシティー編とマクタン編の2つに分けてご紹介!

 

 

〜セブシティー編〜

つづいてセブシティ編です。マクタン・セブ国際空港から40分ほどのセブ島の中心地。マクタンに比べるとリゾート感は劣りますが、大型モールやビジネス街などがあり、途上国の勢いが感じられます。またここからでもビーチ等には充分にアクセス可能です。

マルコポーロプラザ

15-1

marco-polo-lobby                                                                                                   (HP:http://www.marcopoloplazacebu.com)

★おすすめポイント★

マルコポーロプラザはセブシティから車で約10分。セブシティ唯一の高台に建つ最高級5つ星ホテルです。室内から覗くセブの夜景や海の景色が人気を博しているようです。汗を流したあとにゆったりとした時間を過ごせるよう、プールやテニスコート、ヘアサロン、スパ、ブルーバーなどの施設が充実しているそうです。高台からの景色はぜひ一度は見てみたいですね。

 

ウォーターフロント

waterfront

waterfront04                           (HP:http://www.waterfronthotels.com)

★おすすめポイント★

セブ島にある宮殿のような建物のウォーターフロント。セブシティの中心に位置し、ショッピングモールなど、どこに行くにも便利な立地です。

週末には大きなホールでイベントなども開催されているそうです。日本では経験できないカジノもあり、ぜひ1度トライしてみたいですね。セブシティのホテルを検討中の方は覚えておいて損はなさそうです。

 

マリオット セブシティ

マリオット2

マリオット1                              (HP:http://www.marriott.co.jp)

★おすすめポイント★

マリオットはウォーターフロントと並ぶセブシティの高級ホテルです。

さらにセブ最大級のショッピングモール「Ayala」と隣接している便利な立地です!お食事、お買い物、スパなどを気軽に楽しめ、途上国の急成長ぶりも感じることができます。市街地で快適な休暇を過ごしたい方には向いていそうですね!

 

〜マクタン編〜

マクタン島のリゾートはマクタン・セブ国際空港から車で15分程度と近く、大型リゾートホテルからコンドミニアムまで多くのホテルがあります。綺麗なプライベートビーチがホテルの目の前にあるなど施設も充実しており、まさに南国リゾートといったホテルが集まっています。セブシティへは車で40分~1時間ほどかかります。

 

シャングリラ・マクタン・アイランド・リゾート&スパ

シャングリラ
シャングリラ3                                                                                                                  (HP:http://www.shangri-la.com)

★おすすめポイント★

セブを代表するラグジュアリーリゾートホテル、シャングリラ。観光客の多くが訪れる有名リゾートホテルで、南国リゾートを存分に満喫できます。ホテルの目の前にはプライベートビーチもあります。海洋保護区にも指定されているそうです。

シュノーケル、ダイビングやパラセーリングなど幅広くマリンアクティビティを楽しむこともできます。ホテル内にはスパもあるので、ビーチやマリンアクティビティーを堪能した後リラックスするのに良さそうですね。美味しいイタリアンや中華のお店もあります。

他にも、ゴルフパークや子供用の施設などもあるようです。セブでは誰もが知っていると言っても過言ではない有名ホテルなので、一度は行ってみたいですね。
セブ島在住の方や留学中の方は、週末などにデイユースを利用するのもオススメです!

 

クリムゾン・リゾート&スパ

クリムゾンクリムゾン2                                                                                                               (HP:http://www.crimsonhotel.com)

★おすすめポイント★

クリムゾンホテルは2010年10月にオープンした高級リゾートホテル。6ヘクタールの広大な敷地には250の客室、40のプライベートヴィラ、41のプールつきプライベートヴィラ併設。さらに4種類のレストラン、スパ、パーティールームなど充実した施設が整っています。ホテルの目の前にあるプライベートビーチには、セブ島での思い出づくりとして訪れてみたいですね。

 

プランテーション・ベイ・リゾート&スパ

プランテーション3                                                                                                                     (HP:http://plantationbay.com)

★おすすめポイント★

こちらもセブ島有数の豪華リゾートホテル、プランテーション。ここの魅力は何といってもラグーンプール。なんと敷地の半分以上をプールが占めています(1,600平方メートル)。海水も引き込んでおり、もはやプールの域を超えています。

本物の海にいるかのような感覚を味わえそうですね。ラグーンを囲むように10タイプ以上のお部屋が並び、家族旅行やカップルなど用途に合わせて選ぶことができます。なかでも「ウォーターエッジ」タイプはテラスから直接プールに入れる構造になっており、いつでも水に飛び込めるそうです。スパやパターゴルフやテニス、射撃にアーチェリー、ウォールクライミングなどたくさんのアクティビティがあり、迷ってしまいそうですね。夕方以降にライトアップされるラグーンは特に見所だそうです!

 

プルクラ リゾート

プルクラ1プルクラ2                                                                                                           (HP:http://www.pulchraresorts.com)

★おすすめポイント★

「プルクラ」とはラテン語で「美しい」を意味します。セブ本島の中東部サン・フェルナンドに位置しています。プライベートビーチには海ガメも産卵に訪れるそうです。一周約150メートルの回遊式メインプールや、水上に築かれたウンディーナスパ、水上チャペルも注目したいですね。

 

マリバゴブルーウォーターリゾート

マリバゴ1                                                                                                                      (HP:http://www.bluewater.com)

★おすすめポイント★

派手さは少ないが落ち着いた、大人な雰囲気のリゾート地として人気だそうです。価格もシャングリラやクリムゾンよりもお手頃です。プライベートビーチ、プールにレストラン、そして海を見ながら受けられるスパなど施設も充実しているそうです。

ホテル目の前に広がるプライベートビーチの沖合いには「アレグラド島」という島があります。この島はホテルが所有しており、なんと干潮時には海を横断して徒歩で島まで渡れるそうです!こんな経験ができるホテルはここだけないでしょうか。潮が引き、目の前に道が現れる。ぜひとも体験してみたいですね。

 

モーベンピック リゾート

モーベンピック2モーベンピック1                                                                                                   (HP:http://www.moevenpick-hotels.com)

★おすすめポイント★

マクタン島の先端にあるモーベンピックホテルは白砂のプライベートビーチを持ち、大きなプールも完備。近くには人気のあるボヨング リーフ、コルドバ リーフ、ハウス リーフなどのダイビングスポットもあり、気軽にマリンアクティビティが楽しめるそうです。

豊富なメニューの揃うレストラン、オーシャンビューの見えるバー、キッズセンターやフィットネスセンター、ビジネスの場でも使える会議室などの充実した施設はどんなニーズにも答えてくれそうですね。

 

 

 

いかがでしたか?緑に囲まれたリゾートから市街地のホテルまでをまとめました。

フィリピンのホテルと聞いてピンと来ない方も多いかと思いますが観光地として発展しているセブ島にはこのような贅沢なホテルが数多くあります。フィリピンへは日本から飛行機でわずか4時間程。これから南国への旅行を検討中の方の参考になれば幸いです。